487 :名無しさん@おーぷん 2019/10/15(火) 19:06:28 ID:3L.3z.L1
ラジオでリスナーからこれから始めたいことを募ってたらしくて、手話を始めたいというリスナーが居た。

始めたい理由は駅で手話で行き交う人に話しかけている聾唖の人が居たけど、それに応える人はいなかったから。
リスナーも手話を知らなくて聾唖の人に手を差し伸べられなかったから。

そのリスナーのことを偉いなーと思う反面で、その聾唖の人に「道具使えよ」と思った。
携帯・スマホで文字を打ってそれを見せるとか、読み上げ機能のアプリを使うとか、アナログにノートに文字を書くのでも良い。
行き交う人の中に手話を理解できる人は少数しか居ないのだから、その少数がいることを期待して手話に拘らず、大多数が対応できる別の手法を使うべきじゃないんだろうか。.

そうやっても応えてくれない人は多いだろうけど、別の手法も講じていたなら、きっと手話を始めたいと言っていたリスナーはきっと応じてくれたと思う。
その聾唖の人がなんで手話に拘ったのか判らないけど、共通で理解できる道具があるのに使わない選択をすることに微かに傲慢さを感じた。

488 :名無しさん@おーぷん 2019/10/15(火) 19:17:23 ID:XC.3z.L3
>>487
視覚しかない人が学習するのは、難しいことだと思うので手話の習得も大変だったのでは。
子供に文字を教えるのは困難だったよ。音声ナシで文字を習得っていうのを他言語を学習する想定で想像してみたらいい。
聾唖の人が手話にこだわったのではなく、その人は手話を学ぶのが精一杯の人だった可能性.は考えない?
ただ、文字を共有できたほうがお互い意思疎通が容易なので、心情も分かる。
リスナーは、いい人だね
490 :名無しさん@おーぷん 2019/10/15(火) 20:31:07 ID:3L.3z.L1
>>488
聾唖者向けに文字放送があるから聾唖=文盲とは思わなかったんだけど
さっき検索かけてみたら聾者の識字率の低さを扱うサイトが真っ先に出てきたよ
傲慢だったのは自分の方だった
ありがとう



オススメ最新記事

厳選人気記事

コメント

コメント一覧

    • 1. キチママさん
    • 2019年12月08日 06:44
    • 手話は覚えても、表音文字も覚えないのは、流石に傲慢
      音が無くてもアルファベットは覚える日本人は多い
      一度手話で単語を覚えた後に、表音の記号として平仮名覚えるってのはよくあるし、その手伝いもしたことがある
      単語さえすでに覚えてるなら、表音記号としての平仮名覚えるのに一週間かからない人もいたよ
    • 2. キチママさん
    • 2019年12月09日 15:25
    • むかし専門学校に通ってた時、聾唖の方が手話通訳が2名つく体制で授業をうけてた。
      試験前の特別講習で最後の日に思い切って筆談で話しかけたら、普通に筆談で会話できて、
      もっと早くに話しかけてたら友人になれたかもなぁって思ったよ。
      あと、仕事で障碍者センターに通ってた時、耳と精神に障害ある方がいたけれど
      その人も言いたいことがある時は、単語をノートに書いて見せてきてた。

      韻を踏むとか言葉遊びとかは難しいだろうと思うけど、ごく普通の意見のやりとりなら
      支援学校できちんと教育を受けて入れば筆談できるのでは?と思う

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット