非常識

956 :名無しさん@おーぷん 2017/05/27(土) 03:43:57 ID:Cie
長話です。


今から数年前の話です。
私は、眼鏡販売の有資格者で、とある眼鏡店で販売員として働いていました。
眼鏡の小売店は、ただ眼鏡を売るだけではありません。
視力検査、レンズ加工、快適に装用できるようにフレームを曲げたり、……等といった、販売以外の技術や知識を用いる仕事です。
当然、販売員の中でも、検査は上手だけど加工は下手であったり、眼科や光学の知識は豊富だけど手先は不器用であったり、個人差があります。


登場人物(当時)
・私(20代半ば 女性)…有資格者だけど新入社員。知識も技術も経験もあるが、店で扱う商品ひとつひとつまでは知らない。
・店長(50代後半 男性)…その会社に入る以前に眼科等の経験あり。眼科疾患や検査に自信あり。有資格者。
・先輩(60代 女性)…私の教育指導担当。長年その店に在籍しており、固定客も多い。販売経験は豊富だが知識や技術は浅い。無資格。
・加工係(60代 男性)…長年その会社に在籍し、定年退職後、嘱託勤務。レンズ加工が得意。無資格。
この四人が同じ店舗に在籍
・お客様(70代男性)


ある日、ひとりのお客様が、眼鏡一式をお買い求めになりました。
後期高齢者、男性、過去に当店で眼鏡購入の履歴あり、度数は弱い、という方です。
このお客様は3つのこだわりをお持ちでした。
 ①フレームのかけ心地に妥協はなく、たとえ調整に30分かかろうとも最適のかけ心地になるまで追求する。
 ②レンズはプラスチックレンズではなくガラスレンズをお求め。
 ③フレームは硬質な金属で、しかし縁の上部をプラスチックで覆ったもの。(サーモントで画像検索したらイメージできるかも)
当時私はその店の新人でしたが、①をご満足頂ける技術は持っていました。
「こんなにも丁寧に調整をしてくれる眼鏡屋さんは初めてだ。ありがとう」
お客様はそう仰って、是非私さんから、眼鏡を買いたい、とご指名くださりました。
私はお客様の要望を一通り聞き終えてから、店長に、どのレンズを販売すればよいかと尋ねました。
当時の私は、ガラスという素材そのものの知識や、薄型レンズは割れやすい等の専門知識は持っていましたが、
その店が扱うレンズ商品の中で、具体的にどれがその最適条件に該当するのか、という商品知識を持っていませんでした。
そこで、店長が指定したレンズをお客様に提案しました。
お客様は代金を支払い、その日は平穏にお帰りになりました。
【眼鏡店で働いていた時、お客様の要望に応えられるように丁寧に対応していた。すると店からは「厄介者」扱いされるようになった。】の続きを読む

31 :名無しさん@HOME 2012/01/12(木) 21:44:55 0
修羅場と言っていいかはわからんのだけど。

正月に実家に帰省したら、俺の妹(独身、あだ名ジャイコ)の機嫌が悪くなってた。
自分より年下の俺の嫁が2人目を授かったことがむかつくらしい。
しかも両親が嫁をちやほやして可愛がるから余計に苛々するらしい。
そりゃ行き遅れジャイコより優香似の妊婦のほうが大事だろjk。

お袋が嫁をキッチンに連れて行って
「浄水器つけたのよー。これであなたの滞在中も安心ね」
みたいなこと言ってて、嫁がありがとうございますとかやってたらついにジャイコ発狂。
「お前なんかトイレの水でも飲んでりゃいいんだよ!」とか叫びながら嫁に突進。
親父とお袋と俺で嫁を鉄壁のガードw
跳ね返されるジャイコw
怒り狂ったジャイコが浄水器ぶん殴るwww殴りまくるwww
水道がぶっ壊れて噴水発射www
ジャイコずぶ濡れで呆然www
嫁はお袋がしっかりガードして髪の毛1本濡れてねぇwww

修理代3万だよ。どういう壊し方したんだよバカジャイコ。なんで俺が修理代払ってんだよ。
【俺の妹は嫁が嫌い。ある日実家に帰ったら、妹が発狂して嫁に突進してきた。】の続きを読む

564 :名無しさん@おーぷん 2017/05/29(月) 01:44:19 ID:7Ma
入院中の出来事
隣に集中治療室から一般病棟に移ってきた男性の話
この人、頭の中で血管が切れて救急車で運ばれてきたらしい
最初の夜はうわ言を言いながらタヒぬんじゃないかと怖がって泣いてた

毎日奥さんが見舞いに来て、そばでつきっきりで世話をしてるから愛されてるんだなと思ってたんだけど
薬が効いて症状が緩和したとたん、奥さんが豹変した
「ねぇあなた、今どんな気持ち?」
男性は病気の影響で言葉を理解できても発言ができなくなっていて、何も反論できない男性に向かって奥さんは淡々と自分が言われていた言葉を繰り返してた
「病気になるのはお前に『クモリ』があるからだ」
「お前の『クモリ』がお前を苦しめてる。その『クモリ』を浄化しないからこうなるんだ」
「お前が病気で苦しんでるのは自業自得だ。きちんと『メイシュサマ』にお祈りしなかったからだ」
「『メイシュサマ』にお祈りしておけば病気なんかにならない。お前の気持ちが届いてないから『メイシュサマ』に守ってもらえないんだ」
「きちんと『メイシュサマ』に感謝をすればタヒなないんだ」
「お前のせいだ、お前が悪い」
これを来る日も来る日も繰り返してた
男性はこの言葉を言われるたびに涙を流してた
なんで俺がこんなに詳しく覚えていたかというと、奥さんと入れ替わりに来る娘さんたちも全く同じ言葉を何度も何度も繰り返していたから
長女さんに至っては「私が発作で倒れたとき、救急車呼ばずに『浄霊』してたよね」
「薬は毒だっていって、命に関わる薬を隠したり捨てたりしたよね」
「それを私が小3のころにやったんだよ?覚えてる?」
「私が先天性の難病にかかってたのは自業自得なんだよね?じゃああなたがこんなことになったのも自業自得だよね」
「だから誰も同情しないんだよ。わかってる?あなたの言葉があなたに返ってるんだよ」
「良かったね、あなたの言うとおり私達に投げかけてた言葉が『クモリ』になって全部返ったよ」
「二度と元に戻らないから一生タヒぬまで浄化され続けるね。よかったね」
という言葉を来るたびに繰り返してた
娘さんたち、まだ若くて学生かな
それなのに淡々と話す声がまた澄んでいて聞きやすくてそれが余計怖かった
奥さんの言葉はまだ怒りとか悲しみとか呆れがわかるんだけど
娘さんたちの言葉は本当に感情が無くて淡々としていて、めちゃくちゃ耳に残った
そのせいで俺が夜うなされたほど

話をまとめると男性は長女さんが生まれてすぐにバカなバイク事故を起こして二度もタヒにかけて
そのときにカルト宗教に洗脳されてしまったらしい
それからというもの何があっても宗教宗教で、その宗教が薬は悪という考え方をしていたから家族は随分迷惑を被ったそう
「毎日毎日お祈りにいって献金してたのに、誰がお見舞いに来たの?」と言った長女さんがクスクス笑ってたのはダントツのホラーだった
次女さんは忌々しそうに「私達にどこまで面倒をかければ気が済むの?」と吐き捨てていた
その時はひどいと思ったけど、その後きた奥さんに
「長女を産んで入院中の私に『子供とお前の食い扶持はお前が稼げ。俺は一銭も出さん』と言ったんだから、あなたもあなたの食い扶持自分で準備するのよね」
と返されていて同情心が吹き飛んだ
これまでの仕打ちの仕返しをこうやって弱ったときにされてるんだな
こう言いつつも三人とも男性の身の回りの世話はしてたから女性ってすごいと思う
俺は先に退院したけど、男性は最後まで言葉を取り戻せずに毎日家族からこれまで投げかけた約20年分の言葉を返されてた
【頭の血管が切れて入院してきた男性。奥さんや娘さんに、「病気になるのはお前に『くもり』があるからだ」と言われていた。】の続きを読む

446 :名無しさん@おーぷん 2017/05/19(金) 18:50:50 ID:QOP
彼氏30歳、私22歳。お互い会社員。
付き合い始めて2ヶ月なんだけど、なんか色々無理になった。
初めてのデートでランチ食べたあと会計でお財布を出そうとしたら
「いいよいいよ」と言われたので「ありがとう。ご馳走様でした」とお礼を言った。
その後入った喫茶店で席を立つ時に「さっきご馳走してもらったから、ここは私が出しますね」って言ったら
「そう?ありがとう」って言われて私が支払った。
2度目、3度目のデートも同じ。
ちなみにまだ夜の食事は一緒にしていない。
私が父子家庭で、高校生の弟がいるので夜は家を空けられないから。ごはん作らなきゃだし。
それで先日のことだけど、毎回ランチの支払いで同じやり取りになってるので
そうなるの分かっててお財布だすのもかえって鬱陶しいかな、失礼かなと思って
彼の後ろで待ってて、支払ってくれたあと「ご馳走様でした」って言った。
お店を出たあと、ちょっと話をしようかって公園に連れていかれ
ベンチに座るとすぐに「今のなに?」って言われて意味分かんなくて「えっと、なんでしょうか」と聞き返した。
「たった4回目のデートでもう財布出す気もないの?」って言われた。
そんなつもりじゃなくて・・・と言ったあと、上に書いたようなことを説明しようとしたけど
ビックリし過ぎてドキドキして上手く言葉が出てこなかった。
そしたら「今日はもうそういう気になれないから」と帰ってしまった。
しばらくベンチに座ったままぼんやりしてたら、すごく幸せそうなカップルが何組も目の前を通り過ぎていって、
それ眺めてたらなんだか悲しくなった。
最初は私の家庭の事情を理解してくれて、送り迎えとかもしてくれて
やっぱり大人は違うなぁ、かっこいいなぁ、頼もしいなぁ、って思ってた。
だけど、よく分からなくなった。
私はどうするのが正解だったんだろう。お財布を出すかどうかってそんなに重要だったのかな。
それとも断られても半分出すべきだったのかな。
でもでも私が喫茶店で払う時は、彼は財布も出さなかったのに。意味が分からない。
そんなことがあったのに、何もなかったように次のデートのお誘い。
どう返事していいのか分からなくて既読無視の状態になったまま半日経って
「で、どうするの?返事ないんだけど!」って少しお怒りモード。
それでお財布出さなかった時の気持ちを書いて「どうするのが正解だったのか教えて下さい」と送った。
今度は彼の方が既読無視。
次の日も返事無かったから、もう悩むのも馬鹿々々しくなって
「短い間でしたがありがとうございました。さよなら」って送った。
それも既読無視。本当に終わった。回答だけは知りたかった。
【彼とのデートで。彼「お会計してくる」私「ご馳走様でした」彼「今のなに?」「たった4回目のデートでもう財布出す気もないの?」】の続きを読む

789 :名無しさん@おーぷん 2016/05/01(日) 09:17:06 ID:oKT
私の小学生時代の話です。

私・・・7歳くらい
兄・・・私の1こ上

まだ小学生低学年だった私たち兄弟にはお小遣いというものがなかった。
お年玉は両親親戚からもらっていたけど、母の管理という名のもとに手元には3000円程しか残らない。
管理ってなんじゃそりゃああ!と不満が爆発しそうだったけど、堅実に使おうと決めた。
毎月1日に発売されるちゃおが当時の私には何よりも娯楽で、お菓子など我慢して漫画を買い、擦り切れるほど漫画を読み、翌月またちゃおを買って楽しむ生活だった。
兄はお菓子を買ったりして好きに使っていて、羨ましくてしょうがなかったけど、私は必至に我慢した。
しかし毎月450円使っていればお金は底をつくし、兄もお金が無いというので私達は母にお願いして、皿洗いや洗濯物を畳む等お手伝い1回につき10円をもらう事になった。
毎日1~2回お手伝いして1か月貯めれば余裕でちゃおが買えるし、夢の貯金もできる!と私はお手伝いに勤しんだ。
10円玉を入れるお手製の巾着袋も作り、日に日に貯まる10円玉を数えニヤニヤしながら数えるのが趣味となっていた。
兄はチマチマお金を貯めるのが合わないのか最初の数回お手伝いをしただけだった。
数か月後のある日、仲のいい友達がちゃおを買い始めて、シェアして読ましてくれることになった。
ちゃおの為にお手伝いをしていたけどその必要もなくなり、だけど貯金の快感を知った私は継続してコツコツとお手伝いをすることに。
【子供の頃「コツコツ貯金するの楽しい!」→今の私「貯金するのが大の苦手です...」】の続きを読む

376 :名無しさん@おーぷん 2017/05/16(火) 13:21:14 ID:7ZB
彼に鯵のタタキを作った時のこと
ちょい閲覧注意

スーパーで丸のままの鯵を買って来て自分の家で捌いていた時
彼「え?魚捌くの?」
私「出来るよ、鰯も鯛も秋刀魚もイカだって」
彼「刺身ってさーパックの買ってくりゃ楽でいいじゃん」
(彼のリクエストが刺身だった、鯵の他に切身も買ってきて冷蔵庫にあった)
私「うーんでも家で調理した方が新鮮じゃん?」
彼「血ードロドロじゃん」
(活きでないからそこまで血は出てない)
私「えー別にそんなでもないじゃん」
彼「おえっ気持ちわりいー血だらけじゃん」
私「もちろん洗うよ」
彼「ホントよく出来るな、気持ちわりいー」
私「あんたさー」

あんたの好きな焼肉の牛は誰が捌いてるの?
あんたの好きな焼き鳥の鶏は?あんたの食べたいって言った刺身の魚は?
捌いてくれる人がいるから切身でパックに入ってスーパーに並んでるんでしょ?
あんたに美味しいもの食べてもらいたくて作ってる御飯に気持ちわるいって、失礼じゃない?
って言葉を続けようと思ったのだが、すーっと気持ちが冷たくなって、もういいやと思い彼に「帰って」って言った
彼は「じゃあな」って帰ってった

彼が帰って5分後くらいに【もっといいの食わしてよ】ってラインがきた
もう別れる一択だが何て言い出そうか一昨日から悩んでる
【彼に鯵のたたきをリクエストされたので捌いていたら、「おえっ、気持ちわりー血だらけじゃん」と言われた。】の続きを読む

703 :名無しさん@お腹いっぱい。 2017/05/14(日) 14:47:04 ID:vqeqDSfX0.net
嫁が「かつおのたたきでイカスミパスタ作ってみようかな」て
玄関でぼそっとつぶやきながら出かけたんだけど、俺逃げたほうがいいんかな
ちな二人暮らし
【嫁「かつおのたたきでイカスミパスタ作ってみうかな」俺「はい?(俺逃げた方がいいのかな)」→結果・・・】の続きを読む


711: 名無しさん@HOME 2017/05/13(土) 14:06:51.42 0
義弟嫁がどうやら家庭板の住人かもしれない
義実家は長男・長女・次男・三男の四人の子世帯で私の旦那は次男

末の三男の義弟が生まれつき体が弱く、医者から大人になれないかもとまで言われたそう
上3人はそんな末弟を可愛がり、義弟は無事に成人して結婚した
義弟嫁は看護婦さんで義弟の入院中にご縁が生まれたので義両親(良い人)も義兄姉も泣いて喜んだ

数年後、いきなり義兄が亡くなった
親戚が「亡くなったのは義兄くん?義弟くんじゃなく?」と聞き返したくらい、頑健そのものでスポーツマンだった義兄が突然タヒ
残された義兄嫁とまだ小さい子供二人を気遣って、義弟が車に義両親を乗せて運転手して義兄家を訪問してる
義両親と一緒に義兄子のスポーツの応援や送迎もして、義弟は自分は小さいときから兄さんに可愛がってもらったから、恩返しと言ってた

文章下手だから先に書くけど、当たり前すぎて疑う人も少ないと思うけど
すべて義両親が一緒で、義弟が単独で義兄家を訪問とかはしていない

義弟嫁が
「義兄嫁と義弟が再婚するんじゃないか」と疑心暗鬼になってるのが怖い

義両親が一緒だし、義兄嫁と義弟は7歳が違うでしょと冗談にしようとしたけど疑いに確信もっちゃってるみたい
一応、夫から義両親に義弟嫁の疑惑を伝えてもらったけど、なんでそういう思考回路になったかわからん
家庭板とか見て疑心暗鬼に火がツイっちゃったとかかなぁ
義弟も義両親も義弟嫁を大切にしてるのにもったいないよ
【義兄が亡くなったのだが、義弟嫁が「義弟と義兄嫁が再婚するんじゃないか」と疑心暗鬼になっているのが怖い。】の続きを読む

959 :おさかなくわえた名無しさん 2013/06/28(金) 16:32:53 ID:nWtu7afz
結婚して20年以上になる旦那にいきなり離婚したいと言われて、
その理由が「初恋の人が未亡人になった。今すぐ独り身になって
プロポーズしないと、他の男に取られてしまう」だったこと
【旦那「初恋の人が未亡人になった。今すぐ別れてプロポーズしないと」←はぁ?何言ってんの?】の続きを読む

184 :名無しさん@おーぷん 2017/05/17(水) 10:39:07 ID:Xpg
義兄嫁がいきなり
深雪←読み方わかる?
ときたから、シンセツと答えたら
「ブー!ちがいます!ぷぷぷ、大学行ってても常識知らないとか
日本の艦隊にも使われてた由緒ある立派な読み方があるんですー!」
と言ってきたので
「名前読みのこと言ってるんですか?国語辞書にはシンセツで引けば載ってますよ。みゆきだと出てこない辞書もありますけど」
と教えてあげたら顔真っ赤にしながら勝手に人の辞書引き始めた
実際にシンセツで載ってたけどみゆきでは載ってなかったので、辞書を地面に叩きつけて出ていった
その次は日向をひなたと読んだら、そんな読み方しませんーヒュウガですーとか言ってきたし、
榛名を見たことも聞いたこともないと言ったら日本人の恥とか言うし
主婦で暇なのかもしれないけど、一般的な読み方ならまだしも、地名や人名クイズ出されるのウザい・・・
もう30にもなって一回りも下の私に絡んでくるな
頭の中どうなってんのこの人
親にも「長女は勉強するからほっといてやって」と言われてるのに無意味に一時間に何度も部屋の扉開けて中覗いてきたりするし
家の中でストーカーに付きまとわれてるみたいで気持ち悪い
初孫見せるって名目で毎日朝から晩まで家に入り浸ってるし
早く出ていってくれないかな
【義兄嫁「深雪←読み方わかる?」私「シンセツ?」義兄嫁「ブー!ちがいます!ぷぷぷ、大学行ってても常識知らないとか」】の続きを読む

このページのトップヘ