黒い過去・話

85 :可愛い奥様 2012/10/02(火) 00:46:41 ID:XS2k57rz0
長文すみません。
小さい頃(小学校中学年くらい?)親は自営業で家には居たけど忙しくて寂しさのあまり売上金を金庫から少しづつ盗んでいた。
それをしたからスッキリする分けでもなく、後悔と寂しさ、後悔と寂しさって悪循環になってどんどん抜き出す金額も大きくなっていった。
不信感で私をマークしていた母親がとうとう私を呼び出し、問い詰められたので素直に白状した。
でも実は低学年の頃からも少額だったけど月に一度千円をそっと盗んでいた。当時の小学生にはとても大金。
10円だ足が流行っていた頃だから大金って言うと100円か200円が限度だったくらいかな。
そこでもうやらないと親に誓った。

しかし高学年になり、学校での精神的な苦痛(仲良しの子も居たけど意地悪な子もいて面倒な状況)で悩んでいて、また手を出してしまった。
前回の時は少ない売上から家にとっては多額の金を使い込んでいて税務署に言い訳するのが困難なくらいの状況だったのが今度も同じ状況になった。

流石に父親には言えない母が初めて何度も平手打ちをした。泣きながら。あんなに泣いた母は初めて見た(当然か)。
それでも父に言うと渡しが消されるくらいの起こり用になるからと必タヒで帳簿のやりくりをしてくれた。

もっと母や父に心情を毎日話していればこんな事しなかったのかもなと思うと情けなってきました。すみませんでした。両親。
会社的には横領(時効)だから本当に大変なことしてしまって申し訳なかったです。ごめんなさい。
これが私のした家族には言えない黒い過去です。
【小学校中学年くらいの時に寂しくて自営してる店の売上金を少しずつ盗んでた→親にばれてもうしないと誓ったんだけど、高学年になって学校で辛いことがあり、またやってしまった…】の続きを読む

55 :可愛い奥様 2018/08/02(木) 07:40:03 ID:DoewvyLN0.net
母親を自杀殳に追い込んだ
兄と比べて虐待された、良くある搾取子
兄は暴君という本当によくある虐待。
母と兄は何から何までそっくりで、私だけ毛色が違ったのね。

で、ある日兄がとうとう外で女の子を殴った。
女の子は私にちょっと似てて、とてもやり返さないように見える子だったんだけど、授業で使うファイルで思い切り殴り返されたらしい。
それでいわゆるファビョッた状態になった兄は女の子の卵巣を片方ダメにした。
私は子宮がダメになってるんだけど、さすがに外のことは許されなかったのか、兄は示談金親におっかぶせにして消えた。

母親は病んだみたいで、薬飲んだり寝込んだりしながら借金返すために働いてた。
あんなにいい子がなんで?ほんとはお前がやったんだろ?とか言い出して
毎日毎日、あなたに似た兄は本当にいい子だね
あなたに似なかった私は本当にできそこないだね、犯罪もする勇気なくてごめんね、と
親と兄に言われつづけたことを改変して唱えたら、母は首を吊ったよ。

夫は何も知らないで、子宮のない私を虐待された被害者だと思って
姑とすごーく大事にしてくれるし、私も姑をお母さんだと思って接してる
けど私間接的に人を杀殳してるんだよね。
【【壮絶な過去】母親を自杀殳に追い込んだ。私は兄と比べられて虐待された、良くある搾取子。兄が外でやらかした事をきっかけに病んだ母親に、私が言われつづけたことを改変して唱えた】の続きを読む

707 :可愛い奥様 2019/05/06(月) 12:13:14 .net
子供三人居るけど一番上の子が旦那の子じゃない事。
本当の父親は大学時代の私と旦那共通の先輩。
子供三人とも血液型一緒で顔も似てるので、真相は私とその先輩しか知らない。
【【墓場まで持っていく話】子供三人居て、DNA鑑定してないけど一番上の子が旦那の子じゃない。先輩とは「出来やすいように」旦那とは「出来にくいように」してた。】の続きを読む

123 :名無し 2015/08/06(木) 17:52:08 ID:SB6
誰も見てないとこに恥を捨てて晒します。
若かりし頃のどす黒い過去を。

それは高校に入ってすぐのこと。
地元の女友達から男を紹介された。(以降A君)
A君は友達と同じ高校で、中学はうちらの中学の隣の中学卒。
ルックスはジャニ系な爽やかイケメンだった。
好きな音楽とか趣味の話で意気投合したうちら。
よく三人で遊ぶようになった。

夏休みに入って、私は家庭の事情からプチ家出。
それをA君に話したら
「女が一人でフラフラしてるのは危ない。行く宛がないならうちに来い」
と言ってくれたのでお言葉に甘える事にした。
A宅は父子家庭でA父は県外に単身赴任中。
家にはA君とA兄が二人で住んでいた。
このA兄ってのが超DQN。
地元じゃ知らない人はいないってくらい、鬼より怖い不良だったらしい。
A宅はA兄友達(皆超絶DQN)の溜まり場になっていて、私もその中で生活していくうちにDQNに染まっていった。
そしてDQN先輩達と一緒に悪行三昧。
例えば
皆無職でお金がないので食料は万引き、無線飲食。
乗り物(自転車、バイク)は窃盗。
現金は恐喝や年寄り狙って引ったくり。
終いにはリーマン狩り。
他にもタバコ、クスリ、酒…
愚行の限りを尽くした。
そしてあろうことか、悪行の数多い=人生の階級アップグレード とDQNな勘違い思考が染み付いてしまったのだ。
人に迷惑をかける事こそがステータス。
「ちょっと悪い自分」に酔いしれ、口癖は
「パンピーはタヒね」
今思い出しても冷や汗もの orz

そんな生活を約二ヶ月送って八月後半。
夏休みが終わる二日前。
シ○ナーでラリった後輩とアダ○トなビデオが流れ続けるテレビ、食べかすや大量の使用済みティッシュに埋まった汚部屋のど真ん中でA君からキス&告白された。
突然のキス&告白、しかも人生初のキス&告白!!
に、私の頭はオーバーヒート。
A君に言われるがまま付き合うことになった。
ここから更に脳内DQN大暴走。
取り返しのつかない事態になってしまうのだった…
【【どす黒い過去】高校に入ってすぐジャニ系な爽やかイケメンA君と悪行三昧。ちょっと悪い自分に酔いしれ、口癖は「パンピーはタヒね」だった。ある日A君と連絡がとれなくなり・・・】の続きを読む

このページのトップヘ