おっさん

7 :おさかなくわえた名無しさん 2011/06/04(土) 11:23:52 ID:N8e201An
武勇伝か疑問だし自分のことじゃなくて見たことなんだけど。

土曜日の夜に居酒屋に行ったら40代くらいの怖そうなオッサン数人が店員に詰め寄ったり
大声で話したりと、とにかく空気が悪くて他の客もビクビクしてた。
そこに20代後半の夫婦が入店してきて、その光景を見て固まって店を出ようとしたんだよね。
そしたらオッサンたちが「あ?おれらのせいか?何か文句あんのか?」と夫婦に絡みだした。
旦那も妻も「いえ、そんなことは、すいません」と困り果てて他の客もハラハラして見てるだけ。
もちろん自分も小心者で申し訳ないが口を出せない。
奥さんはポロポロ泣き出してオッサンが「なに泣いてんだ~?』と奥さんに掴み掛かろうとしたら

 奥さん 「・・・ずっとずっと赤ちゃんができなくて夫婦で悩んでいたけど妊娠したのが分かって
旦那くんにそれを報告したくて外食でお祝いしたかったのに・・・」と。
そしたら旦那が「ほ!本当に!?」と嫁さん抱きしめて、周囲ポカーンな状況に。

するとオッサンたちがオロオロしだして「・・・よかったじゃねーか」とか言って、おとなしくなって会計して帰ってった。

その後、夫婦が自分の隣の席に案内されてきた。
奥さんが「生中2つ!」と注文したら旦那が「おい!妊娠したんだろ?!ダメダメ!」と言うと
 奥さん「あ~、ごめんごめんアレ嘘うそ。第一、妊娠したらお祝い外食で居酒屋には来ないしw」
 旦那 「まじかよ!お前の涙えげつないわ!つーか喜んだじゃねーかw」
 奥さん「その件に関しましては申し訳ござーやせん!」
 旦那 「wwww。まぁ妊娠しなくて悩んでてってのが疑問だったけど、結婚して2ヶ月だしね。」

と会話して仲良さそうに酒飲んでた。 奥さんの機転がすごかったということで。
    
【居酒屋に行ったら怖そうなオッサンが店員に詰め寄っていて他の客もビクビクしていた。そこに20代後半の夫婦が入店して来て・・・】の続きを読む

324 :1/3@\(^o^)/ 2015/12/03(木) 13:41:06 ID:ysNeQ6C0.net
親戚のおっちゃんの家の話

親戚のおっちゃん(以下オジ・親父のいとこって何て言うのかわからん)は転勤族で日本のあちこちに家族で飛んでは暮らしてたが
とある所で昇格して転勤も無くなったので家を購入、しかしその後諸事情で降格してまた転勤となった
折角買った家だし手放したくないので貸すかと思ったが他人と揉めるのも嫌だったのでそのまま置いてた
しかし3年程経って息子を落ち着いた環境で受験&進学させたいのでそこに息子と嫁が住み、オジは単身赴任て事になった
その為その家の状態確認と掃除も兼ねてオジ一家揃ってその家に行った
玄関の鍵を開け、入ろうとしたが3年放置にしては小綺麗で埃も無い
オジは「まあ物が何も無いからそんなもんかな?」と思い玄関を上がってリビングに行ったら大小沢山のペットボトルと掃除道具が転がってた
「え?前に忘れたか?でもこんな物はあったか?」と疑問に思い、キッチンに行くと木の机とその上に布団に丸まって寝てる野生のおっさんが居た
微妙に部屋が臭い気がしたらおっさんが臭かった
【親戚のおじさんの話。3年間放置していた家に戻ると、妙に小奇麗だった。→疑問に思いキッチンに行くと、そこには見知らぬおっさんが・・・】の続きを読む

441 :名無しさん@おーぷん 2014/10/04(土) 09:31:09 ID:GAYmu6121
長くなるけど、周りに言いづらいので語らせて。当方24の女です。

先週の話なんだが、専門学校時代の友人(男)と待ち合わせして、この間結婚した共通の友人へのプレゼント買いに行ったんだ。
うちの学科、人数少なくてクラスに5人しかいなかったんだけど、みんな予定合わないから代表で買いに行くしかないな!!って。まぁ、結婚祝いだから早めに渡したかったのもある。

んで、その帰り道。結構悩んだのもあったけど、ご飯食べて話してたのもあって終電間近。そろそろ電車なくなるなー。ってことで解散したんだけど、その直後、知らないおっさんに口塞がれながら胸もまれた。
あまりのことに吃驚して声でないし、服の中に手を入れられてパニック。どーしたらいいのかわかんなくて、されるがままにされてたら、解散したはずの友人が走って戻ってきてくれて、おっさん殴り飛ばした。人がホントに飛ぶのに驚いた。

ここで、第1の修羅場。服のボタンが弾け飛んで、私、前側がほぼフルオープン。キャミは着てたけども152cmしかないから、上からだと谷間丸見え状態。そこで悲鳴上げた。

後、友人、その姿に驚いて、鼻血だした。女性免疫のない子だったから、刺激が強かったと後で言ってたよ。興奮で鼻血とかあるんだということにも衝撃受けた。

第2の修羅場が、おっさん、その状態で再アタックしてきた。が、目的が友人の出した鼻血を舐めることだった。もう、カオス。地面に這い蹲って地面に垂れた鼻血舐めてるおっさんと、服やぶれた女と、鼻血だしてる兄ちゃんって状態。

一気に冷静になって、110番。
おっさんが逃げないように関節技かけたら、肩はずしてしまったみたいで、救急車も……。

第3の修羅場が、服このままでいるか、鼻血に塗れる友人の服を借りる(ロンT1枚しか着てない)か、このおっさんのスーツの上着をはぎ取るかを選択することと、おっさんのスーツの上着はぎ取って着たこと。1人暮らしで実家も遠かったため、着替えを持ってきてもらえなかったのも修羅場。

最後の修羅場が、友人の親が持ってきてくれた友人の服を借りたら、ズボンが細すぎて私が履けなかったこと(着てたのがワンピースだったので、上下持ってきてくださった)
185cm,52kgの男の細さを思い知り、152kg,62kgのデブはダイエットを決意しました。

あ、結局上だけ借りて、着替えでの一部始終を知った婦警さんがパトカーで自宅まで送ってくれました。最後の修羅場が1番ダメージでかくて、今、襲われた事実を上塗りする勢いでタヒにそうです orz
【帰り道おっさんに襲われて服がはだけてしまった。→友人が助けてくれたんだけど、いろいろ修羅場に・・・】の続きを読む

このページのトップヘ