しゃぶしゃぶ


756:名無しさん@HOME2013/06/14(金) 15:54:02.72 0
昨日、ひさびさに義弟嫁に会った
義母、義弟夫婦、うちの家族(子供が1人)で軽く食事会
ファミレスの安いしゃぶしゃぶ食べ放題だったので私はいつもの通りばくばくもぐもぐおいしく食べてた
ちなみに私がギャル曽根2号というあだ名をつけられるくらいマジで大食いなので、支払いはうちがメインの集まりの時はいつも全員分、私が払ってます パートで得た貴重な賃金…
食べ始めて10分くらいたったら、いきなり義弟嫁に泣かれたよ
お姉さんはいいですよね!いくら食べても太りませんもんね!結婚式控えてる私の気持ち考えて下さいよ!こんな肉なんてほんとは食べたくないんですよ!
…ぽっかーん
え、今日はうちらと義母だけだったのに来たい来たいダダこねて無理やり参加したのあんたじゃん
キレた私が、じゃああんたは食べなくてよろしい!私が食うし!と静かに言って、義弟嫁の前の肉を全部うちの家族の鍋にぶっこんだらお姉さんに初めて怒られたとさらに大泣き
息子(10)がこれまた冷静に「母ちゃんは大変なんだから比べないでよ!お姉ちゃん(義弟嫁)はちょっとしか食べなくても太れるんだからいいじゃん!」と追い討ち
もうここまでくるとギャン泣きで手が付けられず ちなみに義弟嫁29歳ね
マリッジブルーなのかな?びっくりした

【私の奢りでしゃぶしゃぶの食べ放題に行ったら、誘ってもいないのについてきた義弟嫁が「こんな肉なんてほんとは食べたくないんですよ!」と泣き出した→冷静なうちの息子(10)が…】の続きを読む

747 :名無しさん@おーぷん 2019/11/24(日) 21:14:47 ID:eP.fg.L1
ついさっきのことでイライラしてて口悪いけどくそ店に当たってしまった
ショッピングセンター的なとこのしゃぶしゃぶ食べ放題の店に私と友達の3人で入った

・呼び鈴鳴らしてから店員来るまでがめちゃくちゃ長い。絶対10分以上待たされる
・↑一番酷いときは呼び鈴から10分待って通りかかった店員に声かけたら「少々お待ちください」×3回。店員が来たのは最初の呼び鈴から30分後
・「一度に注文できるのは人数分のお肉だけです」←わかる
「三人前のお肉です(長さ10cmもない肉が6切れ)」←は???
・出汁が蒸発して鍋の半分くらいになった段階で出汁の追加を注文する→すきやき出汁が底でカラメル状になるまで放置される(何度声かけても「少々お待ちください」)

1回の注文で一人辺りの肉が2切れとか当然一瞬でなくなるから短い感覚で何度もピンポンピンポンピンポン
そうすると店員が溜め息付きながら「本来はダメなんですけど…」と18人前(笑)の肉を出してくる
こっちがお前らのルールに従ってやってんのになんだその仕方ないなぁって対応はと内心キレる
会計時になるべくヒステリックにならないように淡々と「お宅では客は必ず10分以上待たせろと教育してるんですか?」等いらだった点を確認すると、謝罪もなんもなく「はぁ…じゃあもう今日のお代は結構なんで…」
別に金が惜しくてクレームつけてんじゃねーよ
なんでおしぼりやらが仕舞われてる棚の整理が客の注文より優先なのか懇切丁寧に説明しろってだけだわ
店員の対応の不備を認めるなら詫びのひとつでも寄越せってだけだわ
詫び入れようが入れまいがこんなくそ店二度と来ないけど
【友達と3人でしゃぶしゃぶ食べ放題の店に行ったら酷かった。呼び鈴鳴らしてもこない上、店員「3人前です(小さい肉6切れ」私「客を10分待たすのが店の教育?(怒」→結果】の続きを読む

635 :おさかなくわえた名無しさん 2018/12/05(水) 12:25:57 ID:KMdwbpuj.net
なかなか就職が決まらず、夏ごろにやっとだった友人と久々に会ったが、もうやめたいと弱音を吐かれた
仕事は楽しいし上手くやってるって前言ってたよね?と思わず聞き返した
やめたい理由は「うちの部署、よく飲み会をやるんだけど空気的に断りにくくて事実上の強制参加なんだよね
しかも課長の趣味で毎回焼き肉かしゃぶしゃぶだし、課長自身も女なのに気が利かなくて嫌になる」
焼き肉やしゃぶしゃぶが嫌な理由は服に油や汁が跳ねるし、その上焼き肉なら臭いもつくから
せっかくお洒落な服を買っても着る機会がないから(制服必須の職場らしい)だそうだ
飲み会自体は嫌じゃないから普通の居酒屋とかに変更してほしいけど、新人の私に言えることじゃないしとも言ってた
あれだけ苦労してやっと決まった職をそれだけの理由で普通手放そうと思うかな?
なんかわかり会える気がしないし今後もう連絡はすまいと誓った
【なかなか就職が決まらず苦労して夏にやっと内定が決まった友人と久々に会ったら「もう辞めたい」と弱音を吐かれた。→辞めたい理由が些細すぎて友人とは分かり合えないと思った】の続きを読む

このページのトップヘ