652: 名無しさん@おーぷん 20/10/21(水)11:47:02 ID:5y.yd.L1
課内で配置換えがあり、隣が二年目のAくん(おとなしい若い男性)になった。
私は勤続十四年目のおばちゃんで彼の上司の立場。
配置換えして五日目、いつものようにセルフのコーヒーサーバから朝のコーヒーを注いできて飲んでたら
Aくんに「催促するみたいで悪いから遠慮してたけど、なんで自分の分しか持ってこないんです?」
みたいなことを非難がましく言われた。
一瞬意味がわからなくて「コーヒーが飲みたいならそこだよ」とサーバを指さしたが
「そうじゃなくて、なんで自分の分しか持ってこないんですか。気が利かないって言われません?」
一層わけがわからなくなり「今までは隣の人に持ってきてもらってたの?」と聞いた。
そしたら「今まではBさん(私と同年代の男性)が隣だったから、そんなこと頼むわけないでしょ!」とちょっとお怒り。
ああ要するに、女が隣になったからお茶くみすると思ってたのか、
若い子でこの考え方は珍しい…と思いつつ何と返答しようかと困ってたら
反対隣のCさん(年配の男性)が、
「Aくん、(私)さんはきみのお母さんじゃないんだよ。きみの会社の先輩で上司!」
と苦笑いで注意してくれた。
その時のAくんの顔が、「あっっ!!」って表情で、漫画だったら背景に「ガビーン!!!」って浮かびそうな顔だったのが衝撃だった。
いや言われるまで気づかないものか?とか、本当にお母さんだと思ってたのか?とか
こっちが驚いてしまい、Aくんにその後ペコペコ謝られたけど「次から気を付けて」しか言えなかった。
その後Aくんは普通の態度というか元のおとなしい子に戻った。
今更蒸し返せないけど、「本当に本心からお母さん扱いしてたの?」とか色々気になって
口に出して聞いておけばよかったー、と悔やんでる。
ちなみにわが社は私が入社した当時すでに、女がお茶くみする習慣はありませんでした。


【コーヒーを取って席に着いたら、隣の若い社員A君に「なんで自分の分しか持ってこないんです?」となじられた。年配社員のCさんが「(私)さんは君の上司!」と注意したら…】の続きを読む