入院

413 :名無しの心子知らず 2013/11/27(水) 20:32:01 ID:3HHwFLye
キノコがよく生えてる公園が好きでよく散歩に行ってた
そこでキノコ見てたら子供が、これ食べれんの?って聞いてきたからおーwww食べれるよwwwって冗談で言ったらほんとに食べてしまった
周りの子どもたちも食べだして綺麗なきのこを選んで食べてた
その時はへー食べれるもんなんだなぁとしか思ってたかったのだが、後日また散歩に行くと、母親たちがビラ配りしてた
なんでも子供に無理やりキノコを食べさせた奴がいるとかで犯人探しをしていたようだった
その母親のリーダー格の目がヤバかった
具体的に言うと、目が左右で違う方向に向いていて完全に精神異常者のそれだった
これ以上関わりたくないのでしばらくはその異常者のせいで公園にいけなくなってしまった
【公園で。子供「このキノコ食べれるの?」私「食べれるよw」子供(パクッ)←冗談で言ったらホントに食べたんだが・・・】の続きを読む

957 :臨月嫁 ◆m35AH3rGE6 2007/12/18(火) 12:52:25 0
豚切り&長文すまん、吐き出させてください。

現在まもなく臨月の妊婦。上にも小さい子二人あり。
第三子の妊娠がわかってしばらくしたこの夏、同居のウトが倒れた。
重篤、と言うほどではなかったが、半身、言語に後遺症の残る脳梗塞だった。

トメはやはり10年近く前に同じ病気で倒れ、今は車椅子生活。
私とリタイヤしたウトで見ていたが、
ウトが倒れては子供も居る状態でとても面倒見ることも出来ず、
今は施設に預かってもらっている。
ウトは自己中で出たがりな性格だったため、気の向いたときしかトメの面倒は見ず、
一日の大半外出して自分の趣味ばかりしていた。
私がそれでは困る、子供も居てトメの面倒一人で見るのは大変だ、と訴えると、
「それなら施設に入れろ。金がかかるなら医療費のほうが安いんだし、
わざと転ばせて入院でもさせればいいだろう」と平気で言い放つ人間だった。
それを聞いて旦那は「お前(ウト)が同じ状態になったら施設に突っ込んでタヒぬまで置いてやる。」と
本人には聞こえないところで陰口を言っていた
(小さいころから自分の理屈を押し付ける恐怖政治の父親で反抗できなかったらしく、
直接文句言ったり喧嘩したり出来ない息子になっていた)。
ウトの聞くに堪えない暴言や態度に私が反論して喧嘩したことは何度もあった。
【同居中のトメが倒れたのだが、ウトが全然面倒を見ない。ウト「施設に入れろ。わざと転ばせて入院でもさせればいいだろ」】の続きを読む

136 :可愛い奥様@\(^o^)/ 2016/10/14(金) 00:10:21 ID:lZyEmg/30.net
長文ごめんなさい
ちょっと吐き出させて下さい

実母がガンで今入院しているのだけど、かなり悪くてこのまま入院していても良くならないし、施設に移って緩和ケアを受けるか、それとも住み慣れた自宅に帰るか選択することになったらしい
父は自宅に帰してあげたいって言ってて、でもその場合は昼間母以外誰も家に居ないから、毎日通って食事の支度を手伝って欲しいって頼まれたんだけど、家から歩いて20分位かけて通わなくちゃいけなくて、ダラで出かけるのが苦手な私には考えただけでしんどい
それに病気のせいなのかちょっとボケちゃってて、あんなにシャキでしっかり者だった母の変わり様を見ていなくちゃいけないって言うのが辛い
助けてあげたいのに母に会うのがめちゃくちゃ怖いし不謹慎だけど面倒臭い
でもこのままだと私のせいで施設に行かなきゃいけなくなるんだろうな
もうどうしたらいいのよ
【母がガンになったんだけど、父は家で介護したいと言っている。私に毎日食事を作りに来いと言われたのだが・・・】の続きを読む

564 :名無しさん@おーぷん 2017/05/29(月) 01:44:19 ID:7Ma
入院中の出来事
隣に集中治療室から一般病棟に移ってきた男性の話
この人、頭の中で血管が切れて救急車で運ばれてきたらしい
最初の夜はうわ言を言いながらタヒぬんじゃないかと怖がって泣いてた

毎日奥さんが見舞いに来て、そばでつきっきりで世話をしてるから愛されてるんだなと思ってたんだけど
薬が効いて症状が緩和したとたん、奥さんが豹変した
「ねぇあなた、今どんな気持ち?」
男性は病気の影響で言葉を理解できても発言ができなくなっていて、何も反論できない男性に向かって奥さんは淡々と自分が言われていた言葉を繰り返してた
「病気になるのはお前に『クモリ』があるからだ」
「お前の『クモリ』がお前を苦しめてる。その『クモリ』を浄化しないからこうなるんだ」
「お前が病気で苦しんでるのは自業自得だ。きちんと『メイシュサマ』にお祈りしなかったからだ」
「『メイシュサマ』にお祈りしておけば病気なんかにならない。お前の気持ちが届いてないから『メイシュサマ』に守ってもらえないんだ」
「きちんと『メイシュサマ』に感謝をすればタヒなないんだ」
「お前のせいだ、お前が悪い」
これを来る日も来る日も繰り返してた
男性はこの言葉を言われるたびに涙を流してた
なんで俺がこんなに詳しく覚えていたかというと、奥さんと入れ替わりに来る娘さんたちも全く同じ言葉を何度も何度も繰り返していたから
長女さんに至っては「私が発作で倒れたとき、救急車呼ばずに『浄霊』してたよね」
「薬は毒だっていって、命に関わる薬を隠したり捨てたりしたよね」
「それを私が小3のころにやったんだよ?覚えてる?」
「私が先天性の難病にかかってたのは自業自得なんだよね?じゃああなたがこんなことになったのも自業自得だよね」
「だから誰も同情しないんだよ。わかってる?あなたの言葉があなたに返ってるんだよ」
「良かったね、あなたの言うとおり私達に投げかけてた言葉が『クモリ』になって全部返ったよ」
「二度と元に戻らないから一生タヒぬまで浄化され続けるね。よかったね」
という言葉を来るたびに繰り返してた
娘さんたち、まだ若くて学生かな
それなのに淡々と話す声がまた澄んでいて聞きやすくてそれが余計怖かった
奥さんの言葉はまだ怒りとか悲しみとか呆れがわかるんだけど
娘さんたちの言葉は本当に感情が無くて淡々としていて、めちゃくちゃ耳に残った
そのせいで俺が夜うなされたほど

話をまとめると男性は長女さんが生まれてすぐにバカなバイク事故を起こして二度もタヒにかけて
そのときにカルト宗教に洗脳されてしまったらしい
それからというもの何があっても宗教宗教で、その宗教が薬は悪という考え方をしていたから家族は随分迷惑を被ったそう
「毎日毎日お祈りにいって献金してたのに、誰がお見舞いに来たの?」と言った長女さんがクスクス笑ってたのはダントツのホラーだった
次女さんは忌々しそうに「私達にどこまで面倒をかければ気が済むの?」と吐き捨てていた
その時はひどいと思ったけど、その後きた奥さんに
「長女を産んで入院中の私に『子供とお前の食い扶持はお前が稼げ。俺は一銭も出さん』と言ったんだから、あなたもあなたの食い扶持自分で準備するのよね」
と返されていて同情心が吹き飛んだ
これまでの仕打ちの仕返しをこうやって弱ったときにされてるんだな
こう言いつつも三人とも男性の身の回りの世話はしてたから女性ってすごいと思う
俺は先に退院したけど、男性は最後まで言葉を取り戻せずに毎日家族からこれまで投げかけた約20年分の言葉を返されてた
【頭の血管が切れて入院してきた男性。奥さんや娘さんに、「病気になるのはお前に『くもり』があるからだ」と言われていた。】の続きを読む

このページのトップヘ