キチママ速報

2ちゃんねるのまとめブログです。喪女ネタをメインに、鬼女など生活系全般をまとめたブログです。復讐や仕返しのネタをまとめています。

出産


586: 名無しさん@おーぷん 20/03/13(金)08:55:43 ID:ov.y6.L1
従姉妹は昔から、
子どもなんて産みたくないというタイプの人だった。
何て言うか、「自分のライフスタイル」
みたいなのに強烈なこだわりを持ってたんだよね。
もともと手先が器用で、
手芸や小物作り命!ガーデニング至高!手料理万歳!な人。
結婚後、こだわり抜いて建てた一軒家は
モデルハウスかってぐらい凝った内装だったし、
食器も家具も一流品、洒落た置物もわんさか。
そんな今の生活を維持したいので、
子どもなんてまっぴらよ!と公言していた。
彼女の人生だし、好きに貫けばいいと思ってたんだけど。
私も含め、他のいとこ達の出産がたて続いた頃、
突然の妊娠を発表。


どうやら、子育ても趣味も楽しむ、
素敵なお洒落ママってものに憧れたらしい。
が、彼女を知る我々親戚一同は、どうにも嫌な予感しかしなかった。
特に危機感を覚えたのが従姉妹の両親(私にしたら叔父夫婦)で、
子育てしやすい環境を整えるよう家を片付けろと再三警告したらしい。
しかし彼女は、赤ちゃんグッズを揃えるだけで満足し、子どもを出産。
赤ちゃんがねんねの時期は
まだ平穏だったようなんだけど、動き始めたらさぁ大変。

高級な家具は、歯形とヨダレとお菓子でボロボロ。
壁や床はそこかしこに落書きと、ものを投げてついた傷だらけ。
お高いガラスの調度品は、軒並み割られて全滅。
窓際の観葉植物たちも引っ張って落とされ、無惨な姿。
お洒落パッチワークや手作り壁飾りは、
千切らればらまかれ見る影もない。
自慢のペルシャ絨毯に粗相されたときは従姉妹、
大発狂して大変なことになったとか。
久しぶりに彼女の家に行ったとき、
そのあまりの内装のズタボロぶりに、
驚くと同時に「でしょうね」としか思わなかったよ。
どう考えても彼女の家は、
小さい子どもを育てられる環境じゃなかったもの。

あれだけ叔父夫婦が片付けろと言ったのに、
子どもの手の届く範囲に色々置きまくっているんだもの。
やつれた従姉妹は、かなり精神的に参ってるらしく、
子どもがちょっと床にものを落としただけで
「何度言ったら分かるの!」って激怒してたけど、
やっと言葉を話し始めたくらいの月齢の子に、
言いきかせてもまだ分からないって…。
「こんなに暴れる子どもが産まれるなんて思わなかった」
って彼女は言うけれど、
ぶっちゃけ彼女の子どもは私の子どもより大人しいぐらいだ。
ここの環境が子どもにとって悪すぎるだけだ。

というか、
よくここまで子どもが大した怪我をしなかったものだと思う。
前に玄関にあった、赤ちゃんより大きい骨董品の壺を、
押し倒して割られたりしてるみたいなのに。
でも、さすがにこのままじゃ、
いつ大怪我につながる事故が起きてもおかしくないってんで、
しばらく叔父夫婦が従姉妹の家に同居することになったらしい。
いや、それよか物を片付けろよ、と思ったものの、
それは従姉妹が断固拒否してるんだってさ。
こんだけ破壊されてるのに、
懲りずに新しい調度品をそろえてるんだって。
出産前の生活を維持するのに意固地になりすぎてて、
変なスイッチが入っている気がする。
とりあえず叔父夫婦頑張れ、としか言いようがない。
【ライフスタイルに強烈にこだわるあまり「子供なんて産みたくない!」と主張していた従姉妹が周りの影響で主旨替えして妊娠→出産。周り「危ないから片付けなさい!」→しかし…】の続きを読む


250: おさかなくわえた名無しさん 2020/07/17(金) 07:01:32.70 ID:ZoB4VUxV.net
2年前の事ですけど 
私は結婚してすぐに妊娠がわかり、
近くの総合病院で出産する事になりました。 
夫は昔、この病院に入院していた事があったそうで
顔見知りの看護師さんとかもいました。 

出産する病院をこの病院に選んだのも、
昔、お世話になった看護師がちょうど、
いまは産婦人科に配置換えになって
そこの婦長を勤めているので夫としても安心できるからだそうです。 

それで自宅で産気づいた私は
夫の運転する車で病院に行き、出産しました。

ここからが修羅場です。


出産後に子供の血液型を確認すると、B型となっていました。 

私の血液型はO型で夫の血液型はA型です。
私たち夫婦の間に生まれる子供の血液型ではありえないことです。
念のために見舞いにきた夫に
それとなく血液型を尋ねると、やはりA型と答えました。
私は自然と血の気が引くのを感じました。

血液型のことを持ち出されて夫は気になってしまったのでしょう。
「そういえば息子ちゃんの血液型は?」と尋ねてきました。
私は思わず夫と同じA型と答えました。
すると夫は眉を顰めました。
「お前、何か隠している事はないか」と尋ねて来たのです。

私は必タヒでそれを否定しました。
途中で看護婦さんが来たので、
看護婦さんにも血液型の事を訪ねたりしましたが。
夫は俺の子供からB型が生まれるわけがない、
不倫したのかと問い詰めるのです。

看護婦さんが、慌てて血液型のことを説明しますた。
夫はそれでも譲りません。
絶対に俺からB型は生まれないと言うのです。

問い詰められた私は仕方なく夫に本当の血液型を答えました。
すると夫は少し納得した様子ですが。

今度は何で、そんなに慌てたのだ。
何か浮気の心当たりでもあるのかと訪ねてきました。
【出産後、子供の血液型を確認したらB型。しかし私がOで夫がA。Bが生まれるはずがないので、見舞いに来た夫に確認したがやはり夫はA。夫「子供は何型だったんだ?」私「え…A!」→結果】の続きを読む


508: 名無しさん@HOME 2021/06/06(日) 08:42:00.69 0
夫の同僚の奥さんが亡くなった
妊娠中に癌が見つかったけど出産を優先して治療が遅れたので
生まれた子が1歳になる前に亡くなったらしい
こういう話を聞くたびに(ドラマなんかにもなってる)モヤモヤしてしまう
タヒんでまで配偶者を縛るようなことは私はできないなと思うんだよなあ
同じようなケースで結局妻の親に子供を渡して
別の人と家庭を作ってしまった知人がいるからかな
【【意見求む】夫の同僚奥が妊娠中に癌が見つかったけど出産優先して、生まれた子が1歳になる前に亡くなったらしい。こういう話聞くとモヤモヤするの私だけ?←何にモヤモヤするの?】の続きを読む


939: 名無しの心子知らず 2020/10/28(水) 00:07:46.21 ID:tzKNV7Rc
出産して里帰りもしてないからヨシケイ頼んでこりゃ楽だわって思ってたら上の子たちに超不評
私の作るご飯と変わんねーよ。楽させてよ


【【意見求む】3人目出産して里帰りしなかったから、ヨシケイ頼んで「楽だわー」って思ってたら、子供達に大不評。上の子は能面。下の子は完全拒否。私のご飯とそんなに違う?】の続きを読む


632: おさかなくわえた名無しさん 2010/11/10(水) 21:38:59 ID:YufuDrbG

従兄夫婦に子供ができたんだけど(現在妊娠中)、
名前の候補が私が飼ってるうさぎの名前と一緒。

ペットの名前としては一般的だけど、人名としてはいわゆるDQNネーム。
【従兄夫婦に子供ができたんだけど、あがってる名前の候補が私が飼ってるペットのウサギの名前と一緒(人間だとDQNネーム)。従兄「お前が飼ってるうさぎのせいで…!」←?!】の続きを読む


707: 名無しさん@HOME 2021/07/31(土) 12:31:21.99 0
娘が妊娠中なんだけど、婿が育休を取るから里帰り出産しないと言い出してる
いくらなんでもまずい気がする
無給ではないとはいえ給料は減るらしいし
単に仕事休む口実にされてるだけにしか見えない
育休取って自由気ままに過ごして意味がなかったって話も読んだことあるし
それくらいならちゃんと稼いでもらって、
娘と赤ちゃんの面倒はこっちで見たほうがいいと思うのに


【【意見求む】娘が妊娠中なんだけど、娘「夫が育休を取るから里帰り出産しない」って言い出して不安。育休なんてとらせたら給料さがっちゃって後で大変になるんじゃないの?】の続きを読む


59: おさかなくわえた名無しさん[sage] 2019/06/09(日) 21:01:26.74 ID:p7L/ePr8.net
客観的にどうなのかわからないけど俺としては衝撃的だった話。
5月28日に嫁が第一子を無事出産。
俺実家も嫁実家も孫フィーバーになったんだけど、生まれたのが息子だったと知って
義母が「男の子が生まれたの!!!???」と大騒ぎ。
話を聞いてみると、嫁の母系は極端に男の子が生まれにくいらしい。
具体的には、

・嫁は三人姉妹の末っ子
・嫁の長姉と次姉はそれぞれ二人子供を生んでいるんだけど、どちらも二人とも娘
・義母は三人姉妹の真ん中だけど、義母の姉と妹の子供も娘ばかり
・義母の姉妹の孫も孫娘ばかり
・嫁の祖母の弟さん以降男の子が生まれたことがなかった
ということらしい。
そういえば嫁と子供の忄生別の話をしたことがなかったが、嫁曰く
「どうせ娘だと思っていたから産科の先生にも聞かなかった」
とのこと。
俺は生物学に関しては高校の授業で習った程度の知識しかないけど、
それを思い出してみると、
・人間の忄生別は忄生染色体によって決まる
・忄生染色体がXYなら男、XXなら女
・卵子は常にXの忄生染色体をもち、種はXまたはYの忄生染色体を持つ
・従って種の持つ忄生染色体によって子供の忄生別が決まる
ということだったはず。
だから種に含まれる忄生染色体がほとんどYばかりで、結果として男の子ばかり
生まれてくる父系というのは、↑の理屈からはありえないことではない。
(本当に「種に含まれる忄生染色体がほとんどYばかり」
などということがありうるかというのはさておき)
でも「女の子ばかり生まれてくる母系」というのは↑の理屈からは説明できない訳で、
なんか生命の神秘というか女体の神秘というかそんなものを感じてしまって
個人的には結構衝撃的だった。
【嫁が第一子を無事出産。俺実家も嫁実家も孫フィーバーで沸いたんだけど、生まれた子が男児と知った嫁母が「男の子!!??!」とさらに大騒ぎ→なんでそんなに驚く?と聞いたら…】の続きを読む


277:名無しの心子知らず2008/07/17(木) 10:40:58 ID:zHQvjCO2
前妻との間に3人子供が居て
前妻は土日キャバ○ラに働きに行ってます

私が妊娠中子供はお泊まりに来ていたんですが
産まれてからは旦那が毎週土日は前妻の家に子守りに行ってます。

しかも日曜は前妻がいつ帰って来るのか分からず
(そのまま遊びに行ってる

結婚する前からこうなる事は分かってましたが
こんなに頻繁に毎週
最近は平日も子守りに行く事があるし
なんだか一緒に居る意味が分からなくなって来ました

前妻は旦那を良いように使ってます
ケンカになった時も「前の嫁は・・・・と前妻と比べるし
旦那も向こうの家庭の方がいいんじゃないかと思って来ました。

離婚したい。
【私が出産してから、夫が頻繁に前妻の家にいる3人の子の子守りに通うようになった。結婚した経緯が経緯だから、夫も前妻とその子たちのほうがいいのかと思うように…→その結果】の続きを読む


440:名無しさん@おーぷん2017/12/31(日)23:58:07ID:qIX
旦那45歳、私29、結婚6年目。つい最近子供が生まれました。
結婚して少ししたら旦那な厄年、四十肩になり、老眼になり、今はテレビの音がうるさい。
もちろん加齢臭。見た目は若く見えてたのに厄年くらいでいっきに老けた。

やっぱり男の42って本当に色々あるなと実感。

旦那はごくごく普通の収入。何故結婚したかと言うと、とにかく優しいし
私をお姫様扱いしてくれるから。そりゃー結婚6年もたったらそんなもの薄れてくる。
確かに今でも優しいけどそれよりデメリットが増えすぎた。
子供できてからとにかく、体力がないからだめ。優しくても老いには勝てない。
いくら頑張っても無理しても、疲労には勝てない。

仕事だけは頑張ってもらわないといけないから必然的に育児、家事は私が無理する。
これからもっと負担が増えていくと思ったら離婚したくなる。
あと自分が30手前になり始めて、旦那は大人じゃなく子供っぽい人なんだと気付く。

人生やり直したい。
旦那にはタヒんで欲しい。
【お姫様扱いしてくれた年上男性と結婚して6年目。見た目若かったのに厄年すぎてから一気に老けた。これからもっと負担が増えて行くんだと気づいてしまった。タヒんでほしい←おい】の続きを読む



465:おさかなくわえた名無しさん2018/03/11(日) 10:00:19.32 ID:3mnKCVcZ.net
私は昔から母親と仲が悪い。喧嘩が絶えなかったし、殴られたし、殴ったし、お互い罵詈雑言を浴びせ合ってた。
母が100%悪いとは言わない。私も同じくらい悪い。
ちなみに父は我関せずって感じ。
育ててもらった事は感謝しているけど、好きではないし、尊敬はしない。そんな感じ。

そんな私は結婚して、妊娠して、出産した。
妊娠を機に両親と距離を置くようにした。
私が母のことを嫌いなように、母も私を嫌ってた。
事実、ニヤニヤしながらあんたのこと嫌い って何度か言われてたし。

妊娠して、ふと思った。
なんで私のことを嫌いな人に私の子を会わせなきゃいけないんだろうって。
だから妊娠しても両親には言わずにそのまま出産。


元気な男の子を産んで、退院した同じ日に孫の誕生を知った両親の襲撃に合った。
家の場所はなんとなく教えてたけど正確には言ってなかったから油断してた。たぶん義両親から漏れたんだと思う。
「孫に合わせろ!なぜ何も言わなかった!」と発狂してたけど
「私の事は嫌いで会いたくないって言ってたくせに私の子供には会いたいって都合良すぎでしょ」と追い返した。

なんてずうずうしい親だ!とかなりイラついてたけど
両親が帰ってから、子供の頃に母に言われて傷ついた言葉をいっぱい思い返しわんわん泣いた。自分も酷い事たくさん言ったのに。自分の事、棚にあげて私が一番ずうずうしいなと思った。


【私が母のことを嫌いなように、母も私を嫌ってた。妊娠して、なんで私のことを嫌いな人に私の子を会わせなきゃいけないんだろうって思った。だから母に言わずにそのまま出産したら…】の続きを読む

このページのトップヘ