781 :名無しさん@おーぷん 2019/11/26(火) 12:10:05 ID:95.t2.L4
フルタイム共働き、一児あり。
昨日、夫は有休だった。私は普通に仕事。一時間ほど残業になりそうだったから夫に「保育園のお迎え行って」とLINEした。
返事なし。電話した。電源切ってた。
残業して、保育園にお迎え行って、また電話したけどやはり夫は出ない。
帰宅したら、寝転がってゲームしてた夫に「おっせーよ!夕飯なに?」と言われた。
スマホは会社から連絡があったら嫌だから一日電源切ってたと言われた。お昼は冷凍チャーハンを食べたそうで、グラスも皿も洗ってなかった。お風呂のお湯張りすらしてなかった。
冷静に「なぜ私が夕飯まで作ると思うの?」と訊いたら「あっそうだね!俺休みだったもんね!」と無邪気な笑顔。
結局夕飯も冷凍チャーハンだった。
夫は悪い人じゃないんだ。悪気はないんだ。言えばわかってくれるし。でも時々どうしようもなく疲れる。
【共働き夫婦で夫は休日。残業になりそうだったので「保育園のお迎えいって」とLINEしたが返事なし→残業してから保育園に寄って帰宅。夫「おっせーよ!夕飯なに?」←は?】の続きを読む

55 :名無しさん@おーぷん 2019/11/23(土) 14:37:40 ID:aIr
(すみません、上げさせていただきます)
とても長くなりますが、状況を説明するには割愛する部分が分かりませんでした。
超長文にお付き合いいただける方のみ、よろしくお願いします。
まず、相談の骨子となるのは、気持ちが離婚に傾いていることについてです。

夫が自分の実家とは距離を置いています。
冠婚葬祭に関しては自宅に戻るけど、それ以外は一切帰省はしません。
ちなみに義実家は新幹線で3時間の距離です。
電話することもありません。もちろん年賀状も出しません。
交際中から、親を毛嫌いしてることは話していたし
結婚してもうちの親とは関わって欲しくないとも言われていました。
嫌ってる理由を聞いても「話したくない。言葉にしたくないぐらい存在が不愉快だ」と言うので
そこまで言うのは余程のことがあったんだろうなと思っています。
子供はいません。
これも交際中から「子供を愛せる自信がない。親が子を愛すると言うことが分からない」と言われていました。
かと言って私が子供を望んでいる気持ちは尊重してくれて、
もしも子供が出来れば、その時は俺みたいにならないように全力で育てるとも言ってくれたので
子供が嫌いと言うことではなく、葛藤があるんだろうなと理解していました。
が、残念ながら恵まれず現在に至ります。
私の両親のことは大切にしてくれますし、私に対してもとても優しいです。
親の事はかなり根が深そうだと感じ、触れないようにしてきました。
現在、結婚15年になるのですが、そんなわけで義父母にも、義弟にも会った事がありません。
夫の方は親戚の結婚式や法事にひとりで出席したことが15年の中でトータルで5回ぐらいです。
【義実家と没交渉の夫。義父が他界し、義弟の嫁という人から手紙「長男夫婦のくせに逃げ回って何してるんだ。一度会って話がしたい」夫に相談したら、夫「関わるな!」→実は夫は…】の続きを読む

401 :名無しさん@おーぷん 2019/11/12(火) 11:44:54 ID:Wh.yy.L4
義弟嫁さんは相談女でなく、逆相談女。
義弟には元々彼女がいたんだけど、義弟嫁さんに「彼女とうまくいってないならいつでも相談に乗るよ?」と何度も言われ、
ある日相談して、その夜のうちに……で、元の彼女と別れて義弟嫁さんと結婚した。
それはまあいいとして、問題は結婚後もまだ「彼女(奥さん)とうまくいってないならいつでも相談に乗るよ?」を色んな男性.相手にやってること。
私の夫、義姉旦那、舅にまでやる。
夫はお盆の集まりの時、トイレに立ったら廊下で義弟嫁さんに待ち伏せされて、
「さっきから思ってたんですけど、(私)さんってお義兄さんに冷たくないですか?私でよかったらいつでも相談に乗りますよ」
と言われたそうだ。
夫は義弟と義弟嫁さんのなれそめを知っているから「俺にまで?とゾワゾワっときた」らしい。
「でも知らなかったら、フラっと相談してしまうかもしれない。手口が慣れている。プロだ」とも言ってた。
ちなみに義姉旦那は軽くデレデレ気味。舅は堅物なので意味がわかってない。
義姉と姑はもちろん意味がわかってるから義弟嫁さんを嫌ってる。
神経わからないのは、義弟が「(義弟嫁)ちゃんは親切なだけ」と解釈して放任してること。
「歴代彼氏は全員、相談で射止めた」と義弟嫁さん本人も豪語してるのに、あの「相談に乗るよ」をなぜ放任できるのか理解できない…
【義弟嫁は狙った相手を「いつでも相談に乗るよ?」と誘ってオトす「逆」相談女。問題は、義弟と結婚してる現在も色んな男性にまだ仕掛けにいく。私の夫もそれで・・・→その結果】の続きを読む

136 :名無しさん@HOME 2011/11/10(木) 12:35:23 0
ぶった切って御免。愚痴吐き。
義実家に行くと、トメが色々くれるんだけど、趣味じゃないし古いし使えないんで、
ある日思い切って、使いません・いりませんと丁寧に断ってみた。
トメはあっさり引き下がってくれたんだけど、家に帰ってから夫に
「良く断れるなぁ~。わざわざ才柔めるような事しないでよ」
と言われて、ムカついた。
ある日義実家に行くと、ウトが何かを思い出したみたいで、トメにあちこち探させて
出て来た物は男性.用の、緑色のコール天の古くさいズボン。
夫へ「良い物だぞ~!まだ一回も履いてないけどお前にやる!」と得意げに渡した。
断れない夫は、仕方なくお持ち帰り。
トメから貰った古着を処分した私に批判的だったので、捨てる事もできず放置。
しかし、義実家にいく度に「着てないのか?」「着らんのか?」とウトのチェック。
毎週のように義実家に行きたがってた夫だけど、ウトのズボンチェックが嫌みたいで
行かなくなり「これ、生ゴミの日に捨ててくれるかな?...こないだはごめんね」
と、弱々しく謝罪してきた。
私が義実家に行きたく無い、家でゆっくりしたいと言うと
「お袋達が楽しみにしているのに、行かない訳にいかないだろう!」
と言ってたけど、行かなくても全然平気みたい。
結婚して三ヶ月だけど、夫の嫌なところばかり見えてくる。
【トメがくれる物が古臭くて使えない物ばかりなので断ったら、夫「才柔めるような事しないで」→ある日、ウトが夫に古臭いズボンを「良い物だぞ~お前にやる!」と渡した→すると夫は…】の続きを読む

874 :名無しさん@おーぷん 2019/12/10(火) 22:12:21 ID:VH.hq.L1
そんな奴と結婚して子供まで作ったお前が悪いと言われたらそれまでなんだけど。

元旦那と元姑がバカすぎる人だった。
結婚した時、元旦那は30を過ぎていて元姑も60手前だった。
いつだったか元旦那の同僚奥さんが出産して、お祝いを包むってなった時。
香典袋に入れて渡すのが面白いと本気で思ったらしい。
もちろん私は全力で止めたよ。
でも私が止めれば止めるほど意固地になり、怒鳴られ、話にならず。
そのまま渡してしまったようだ。

それから一年後くらいには私が出産。
件の同僚さんはまともな形で出産祝いを包んでくれた。
もう情けなくて恥ずかしくて
「私と子供は元旦那とは違う」という立場を守ることを優先した。

子供が二歳になった時、私の母方祖母が亡くなった。
元旦那が「うちの母親からです」と私の母に渡したのは、20枚くらい入って100円ショップで売ってるであろうのし袋に
「お悔やみ」「バカ山バカ子」
とボールペンできったない字で書かれた代物だった。

私の母も田舎育ちの古い人間だから、それまでは「娘は嫁に出した立場」というスタンスだった。
けどそれを見て
「ありがたいけど、お気持ちだけ」と言って受け取らず。
(他のイトコ配偶者実家はきちんとした香典袋に薄墨でという感じだったし)
「あ、そっすか」と言ってポケットにのし袋をしまう元旦那が怖かった。
なぜ返されたのか本気で理解できてないんだとわかったから。

祖母のお葬式も無事終わって少し落ち着いたころ、元姑が母に連絡をしてきたそうだ。
御愁傷様、身内を送り出すって本当に大変なことだからと真剣に話してたらしい。
香典は遠慮しないで受け取ってくれれば…と言葉を続けられた時に「他の人の目もあるから、さすがにのし袋は」と言ったら絶句された、と。
何度も謝られ、わざとじゃない、本当にただただ無知なんだと思ったらしい。

今までのアンタの愚痴を「どこの姑もそんなもん」と笑い飛ばしてごめんなさいと母は私に謝ってきた。
あれは本当にダメなやつだ、アンタの感覚は正しいと思うと言われ、祖母の四十九日が終わってから離婚を切り出した。
元旦那は自分が正しいと信じて疑ってないし、一時の感情でワガママ言ってつまんない事に俺を巻き込むなとまで言い放った。
バカはどこまでもバカだから、職場で笑いながら「こんな事で嫁が離婚って騒いでるw」とペラペラ。
当然のごとく
【夫の同僚に子供が生まれてお祝いを包むという時に「面白いから!」とお金を香典袋に入れた夫。慌てて止めたが意固地になって本当に渡してしまった!そんな夫を育てたトメはというと…】の続きを読む

839 :おさかなくわえた名無しさん 2019/08/19(月) 21:36:49 ID:StXdNYjQ.net
私年収1000万、昇進もあり産休なども完備
夫年収400万、多分これ以上の昇進はあまりない
現在は家事は七対三で私が家事
でもさらなる昇進の話がでた
仕事により時間と力を割かないといけなくなるから、私が家庭を養うからできれば夫に家に入るかパートになって家事をメインにして欲しい
せめて今の仕事でいいから家事の割合を増やして欲しい
でも夫はでも~と渋る
ちなみに子供育てるとしても私の育休中は手当でるから収入が消えるわけでもないし、復帰は全く問題なくできる(周りも実績あり)
昇進を断るより私の昇進を応援して欲しいんだが良い説得方法はないですか?
【私年収1000万、夫400万。私に昇進の話が出ていて、私「家事の割合を増やしてほしい」夫「むしろ昇進を断って仕事を減らしてほしい」←ありえないよね?説得したいんだけど…】の続きを読む

647 :名無しさん@おーぷん 2019/12/09(月) 23:08:23 ID:eLf
旦那の職場の先輩や上司にイライラ。
旦那の休みの日には朝昼夜問わず仕事の電話やお叱りの電話がかかってくるし、
月2回程飲み会があってその下準備やプレゼントや景品を休みの日や休みの前の日に買いに行けと言われて行かされる。
旦那と同い年の女をやたらセットにして絡ませてくるし、旦那も過去3回隠して修羅場になったし。
職場で飲むためのコーヒーや菓子をうちの家計で買わせてくる。

旦那の仕事っぷりが残念だから電話がかかってくるんだろうし、まだ若い方だから使い走りが多いのもわかるし、コーヒーが必需品なのもわかってるけど毎回のことなのに対策しない先輩にも旦那にもイライラ。

コーヒーや菓子を家計で買わないって宣言したら旦那上司で実父の古い友人がレシート持ってきたら金返すとか私に電話してくる。

飲み会すれば三次会まであるし、旦那も殆んどいくし。

私は年子育児中でいくらかわいいとはいえ日々イライラしてる。
月に1日自由に遊んできていいよって休日くれるのは感謝してるけど19時までに帰らないと「遅くない?」の一言。
自分は飲み会や友人との集まりでお風呂も寝かしつけも夕飯も無視で夜中帰ってくるくせに。


仕事の付き合いだから行くねって時給が上がるわけでも手当てがでるわけでも人事評価があがるわけでもないのに三次会までホイホイ行く意味がわからない。
それもはや自分が行きたいだけですよね。
上司や先輩に可愛がってもらってるって今のところ四六時中電話がかかってくる以外の恩恵?なくない?

愚痴ばっか出るのが本当につらい
下の子の夜泣きや自分の時間がないのがしんどい

こんな嫁で母親でごめん
【夫が休みでも朝昼夜問わず仕事の話やお叱りの電話をしてくる夫の会社の上司や先輩。その上職場のコーヒーや菓子を我が家の家計で買わせる→上司が父の知り合いなので父に相談した結果】の続きを読む

608 :名無しさん@おーぷん 2019/11/30(土) 12:05:24 ID:z5P
全員「元」が付きます。
義父が大病をした途端、夫が義実家の用事を全部私に丸投げするようになった。
それまではむしろ親孝行タイプで、義実家行くの大好きだったのに豹変。
私が義父の病状を説明しようとしても「仕事で疲れてるから」と別室へ行ってしまう。
保険のことなどを義母に相談され、それを夫と話し合おうとしても「疲れてるのにイライラさせないで」と逃げる。
私がちょっとでもキツく言うと「ヒステリックになられたら話ができない」と逃げる。
義父の退院の時も夫は「仕事だ」と言って私に丸投げした。
私だってフルタイムで働いているのに、しかも夫の実親なのに、なぜ私ばかり休みを取って義実家のため奔走しなけりゃならないのか。
そう不満に思っていた矢先、義母が脚の痛みを訴え出した。
右足が痛むので運転できないと言う義母を病院へ連れて行き、結果を夫に報告しようとしたら
「それを俺に言ってどうするの?俺は医者じゃないから聞いたって知らないよ。
それとも俺が医者だとでも思った?おまえ頭悪くなったよな。おまえといると疲れる」クソデカため息と共に言われた。

なんかその瞬間全部どうでもよくなって、
まだ何か言ってる夫をスルーして食事して寝た。
翌日、「親の介護等は実子に義務がある」という旨の文章(ネットで拾った)をプリントアウトしてリビングの壁三方に貼り
夫に何か言われたら無言でその紙を指さしつづけた。
義実家からの電話は夫の携帯に転送されるようにしておいた。
二日目で夫に「情がないのか」と言われたので、作り笑顔を浮かべながら紙を指さす仕様に変更した。
夫が怒鳴り始めたので「ヒステリックになられたら話ができない」と別室へ逃げた。
翌日帰宅すると「話し合うことがあるようだな!」と怒り顔で言われたから「仕事で疲れてるのにイライラさせないで」と言って
その日はビジホに泊まった。

一週間ほど続けたら「離婚だ!」と言われた。
すぐに義実家に「離婚します」と報告。
私がいなければ不便だ、と夫よりよっぽど承知していた義両親はタクシーで飛んできて、「謝れ!」と夫を叱った。
しかし夫は拒否。
義両親の懇願もむなしくスピード離婚した。
なぜか夫は「離婚届を出しに一緒に役所へ行く」と言い張ったので、二人で出しに行った。
提出直前「俺がこの場で土下座すればいいのか?」と言われたから
「意味わからない。イライラさせないでって何度も言ったよね?」と思いっきりイライラ顔で言ったら、夫はショックを受けた顔をしていた。
何のショックなのかは今でも不明。

その後義両親からロミオ&ジュリ電話が来て、「夫が何の役にも立たない、あの子は冷たい」と愚痴られた。
病院には相談にのってくれる専用の職員がいること、福祉課に頼れること等を説明し
「離婚したから私はもう他人です」とよーく言い含めて切り、その後スマホごと替えた。
何の連絡手段も残してないから、義実家と元夫がどうなったかは知らない。
思い返すと、あの時期よくあれほど冷たくなれたなと思うけど、何かそういうスイッチが入ってたんだと思う。
【義父が大病した途端、親孝行タイプだった夫が私に義実家がらみの用事を丸投げ!話し合おうとしても「俺に言ってどうするの?」→どうでもよくなった私は夫を全てスルー!その結果…】の続きを読む

253 :名無しさん@おーぷん 2019/12/08(日) 12:41:43 ID:zh.ip.L1
お祝いをしてばかりなことに飽きたって話で毎年のムカつきを思い出した

夫の従姉妹達の子供にこちらが小梨の頃からお年玉を送り続けてたけど(郵送、会ってもいない)
こちらに子供が生まれても向こうからのお年玉は一度もない
もう一回言うけど、どの家からも一度としてない
もういい加減うんざりして夫に今度なかったら全面的に中止したいって言ったらしぶしぶおk、
やっぱり向こうからはなしのつぶてだったのでやめてスッキリしてた
そしたら私に黙って夫はこそっと送っていたみたい
向こうからは何もこないから何年も気づかなかった
従姉妹達にもその子供にも何年も会ってないのにそこまでしてお年玉送りたいんだなあと心底うんざりした
【子供がいない頃から夫の従姉妹達の子にお年玉を送り続けてたけど、うちに子供が生まれても向こうからのお年玉は一度もない。私「全面的にやり取りを中止したい」夫「わかった」→結果】の続きを読む

242 :1/2 2019/12/08(日) 04:08:39 ID:XK.mk.L1
結婚してまだ半年だけど、夫の小言に耐えきれず離婚した。昨日、離婚届を出してきた。
共働きで家計に入れる額も同額なので、結婚前にお互いの家事分担を決めた。
夫は料理が苦手だから、料理は全部私。その代わり洗濯は全部夫。
掃除は週末に二人で一緒にする。でもこの家事分担が失敗だった。
私と夫の帰宅時間は、何もなければほぼ同じ時間帯なんだけど、
仕事帰りに買い物をしてくると、私のほうが30分くらい遅くなってしまう。
私が買い物袋を下げて帰宅したときには、必ず夫が家にいる感じ。
それで私はリビングに仕事鞄を置いて、先に買ってきた食材をしまおうとするんだけど
そのたびに夫に「荷物が置きっ放しでだらしない」と注意される。
置きっ放しといっても、1時間も2時間も放置しているわけじゃなくて
買ってきた食材を冷蔵庫やストッカーに入れる、ほんの4~5分の話。
でも夫には、その4~5分のだらしなさがすごく気になるらしい。
なので帰宅したら買い物袋をキッチンに置いて、寝室に仕事鞄を置きに行くようにしたら
今度は「食材が置きっ放しになっていてだらしないし不衛生」と注意される。
寝室に鞄を置くだけだから、それこそ1分もかからないんだけど、夫は気になるらしい。
だったら私が寝室に鞄を置きに行っている間に、夫が食材をしまってほしいというと
「自分担当の仕事を人に押しつけるのは、責任感がなくだらしない」といわれる。
しかたないので買い物袋を持ったまま寝室に鞄を置きに行ったら
「食材をすぐに冷蔵庫に入れず、家中持ち歩くのは不衛生でだらしない」といわれる。
だったらどうしたらいいのって思うんだけど、買い物だけじゃなくて、生活の全部が全部これ。
料理を作って、さあ食べようと思ったとき、台所に洗っていない鍋などがあると
夫は食事に集中できないらしい。
なので使った鍋や調理道具を洗って、生ゴミやシンクをすべて片付けてからでないと食事にならない。
当然、温かかった料理も微妙に冷めて、今ひとつ美味しくなくなってしまう。
私が洗い物を終えるまで夫は待っていてくれるんだけど、決して手伝ってはくれない。
なぜなら料理は私の担当だから。
できれば温かいうちに食べてほしいし、私も温かいものが食べたいといって、
片付けをしないで食べ始めたことが何度かあるけれど、
食事のあいだずっと「だらしない」「こういう生活を続けていると堕落する」
「子供ができたら教育に悪い」と小言を言われ続けた。
【結婚半年だったけど、夫の小言に耐え切れず離婚を選択。仕事帰りに買い物して、食材をしまうまでの間仕事カバンをリビングに置いただけで「だらしない」その間1分足らず→その他…】の続きを読む

このページのトップヘ