319 :名無しさん@HOME 2019/02/15(金) 17:53:27 0.net
現在妊娠9ヶ月で切迫気味のため自宅安静中
バレンタイン当日に今年はあげられないよーと夫に話したけど、なんかしょげてることが今日判明
イベント事としてチロルチョコ1つでもいいから欲しかったなーみたいなことを言われ、はぁ?って思ってしまった

安静指示でてるけど上の子の世話と軽めの家事、炊事はやってて(夫は料理できない)、食料品の買い物と保育園送迎以外はほぼ引きこもって寝てる
子宮頸管短くなり過ぎてて入院1歩手前と医者から言われてるのも伝えてある
食料品買いに行ったスーパーでバレンタインチョコくらい売ってただろうけど毎年手作りしてたから手作りの方がいいかなと思ってたし買うつもりも無かった
記念日やイベント事を大事にするタイプでもないのにもらえないとしょげるとかなんなの…

ついでに最近夫婦の会話が少ないとか言われたけど引きこもってるから何も起きないし話題が無い
そんなこと言ってきた癖に同じ部屋にいるのに話振ってくる訳でもなくニュースサイト見てる
意味わからん
【【愚痴】私「いま自宅安静って言われてるから、バレンタインあげられない」夫「えー、せめてチロルチョコ1つでもいいから欲しかったなー」私(はぁ?)】の続きを読む

15 :名無しさん@HOME 2019/02/11(月) 09:28:58 0.net
夫の親に仕送りをしてる
夫の大学進学に際して奨学金を借りさせたくないと学資ローンを組んだらしい
義親がそれを返済してるんだけどその分夫が仕送りしてる感じ
それなら奨学金の方が良かった気がする
分かって結婚したけどそれでも辛い
そのせいで子供はひとりっこだし将来は同居と言われてるし
人生の選択を誤ったなと最近思い始めた
30代半ばで仕事もある、やり直すなら今かなー
【義親が夫の学資ローンを返済してる分、夫が毎月義親に仕送りしてる。そのせいで子供は一人しかいないし、将来は義親と同居予定。もしかして人生の選択を誤った?】の続きを読む

10 :名無しさん@HOME 2019/02/11(月) 02:07:19 0.net
旦那と二人暮らししててお互い在宅で仕事してる(職種は違う)
私の仕事量はムラはあるけど、基本的にフルタイムとまでは言えないレベルだから
家事は私がやることには異存はないし、旦那は仕事に集中して欲しいと思う
だけど食事以外は仕事部屋から出て来ない旦那に、寂しさを感じるようになった
毎回食事したら食器も下げず仕事部屋直行
食事中も仕事が気になるのかスマホから目を離さない
昼食作って声かけて夕飯作って声かけるくらいしか会話なし
そして夕飯食べたら朝まで仕事して朝食食べて寝る旦那
さすがに私は昼間家事もしたいので夜に寝ることにしてるから、完璧なすれ違い
旦那が客先に行く時は飲み会がセットなので酔っ払ってるから、寝かせるのに精一杯だし

普段こんなだから仕事してない時くらいは、会話したり一緒に出かけたりしたいって思うけど
そういう時には仕事部屋で趣味のゲームをしててやっぱり出て来ない
この三連休もたまに仕事しつつずっとゲームしてる
部屋の前を通ると、ゲームのメンバーとボイ チャで楽しそうに会話してるのが聞こえる
ちょっとは構って欲しいけど、ゲームが旦那の息抜きなのはわかるし
私じゃゲーム以上に旦那を楽しませられないから仕方ない
仕方ないと思いつつ、やっぱり寂しいや
【旦那も私も在宅ワーカー。家事を私がやることに異存はないんだけど、昼食や夕飯を作って声かけるくらいしか会話がない。なんで一緒にいるのか分からなくなってきた】の続きを読む

183 :名無しさん@お腹いっぱい。 2019/03/04(月) 15:47:56 ID:7BsWgkmYa.net
夫が無精/子症だったらしく、子どもたちは自分の子ではないとして離婚を突きつけられました
私には当然、身の覚えがないので否定したのですが話を聞いてくれず、DNA鑑定をすればいいと言いました
結果は分かっているのでそこはいいのですが、夫への情が消えてしまいました
最初は疑っても仕方ないかもしれない、と夫に同情もしましたがこれまでの過程で消え失せました
ですが子どもたちに罪はないので、結果が出たあとどうするか悩んでいます
上の子(高1)は離婚すればいいよと言ってくれていますが、下の子どもたち(中1、小5)はどうしたらいいのかわからないとお姉ちゃんに泣きついています
母親として不甲斐ないと思っていますが、結果が出たあと夫が謝罪してきたら許すべきなのかどうか、迷っています
私自身は夫なんてもういらないと思っていますが、父親としては良き父親だったので父親のみを求めるべきか悩んでいます
上の子は大きいからか父親のこれまでの暴 言に幻滅している様子でしたが、下の子たちはまだ父親恋しい感じです
みなさんならどうするか、ご意見ください
【子どもが3人いるんだけど、夫が突然「俺は種無しだから、俺の子ではない」と言い出した。当然、私は身に覚えがないので夫の子である事は確実なのに・・・】の続きを読む

785 :おさかなくわえた名無しさん 2017/12/07(木) 15:23:22 ID:pc1f/OJp.net
旦那が私が相続した家を、自分が購入した家だと勘違いしていた事。
私は父から相続した家を改築して教室を開いている。
少し前、離婚した義姉から子供(男三人兄弟)が多くて、今の団地が手狭だから
うちに住みたいと打診してきた。
家に住みたいって一緒に?!と聞いたら旦那が
「俺たちは三人(私と旦那と娘)だけだし駅近くのマンションでも借りればいい」と
なぜか私達が家を出る前提だった。
私の教室は?、娘はどうするの?(娘も私が教えている)と聞くと
「君はレッスンの日にここに通えばいいし、(娘)は転校だけど甥達も転校になるんだから我慢させるべき」と言われた。
当たり前だけど、それは出来ないと断った。
その翌週に私が帰宅すると、旦那と義姉がおり
義姉は「ここに住んでいたいのはわかるけど、ちょっと(私)さんはわがまま過ぎない?」と言い、旦那は
「これ以上エゴを通すなら出て行ってもらう。君がやりたいと言うから改築も許したし
娘がやりたいと言うからそれも許してきたけどね、仏の顔も三度までだ」と滔々と語り
「この家をどうするかは俺が決める権利がある」と言ったので
「ここは私の家だよ。父から相続後に改築費用も税金も私の稼ぎで払ってきたのに?出ていくならあなたがどうぞ」と言ったら、旦那が
「はあ?!チッ(舌打ち)、お前何言ってるんだ?!ここは俺が買ったんだろ!」
義姉も「(私)さん頭大丈夫?この家があんたの家ってw」と小バカにしたように笑うから
「私の名義です」と父の遺した書類や「旦那の買った家ではない」事がわかる書類、書面を出して見せた。
義姉はしばらく呆然としていたがフラっと帰ってしまい、旦那はなんと
「え?‥あの、、ごめん忘れてた」と言った。
嘘はいいよ、と言ったら「いや違うんだよ、本当に忘れてた!俺が買った気がしてたんだ!」
と謝ってきて、話せば話すほど「本当に忘れてたんだ」
と言うのがわかって、よくこんな事を勘違い出来るなと思ったのがスレタイ。
そしてこの事で離婚話になっている事が娘に申し訳ない、そして自分が情けない。
【旦那「この家をどうするかは俺に決める権利がある。仏の顔も三度までだ」私「え、ここは私の家だよ?」旦那「はあ!?ここは俺が買ったんだろ!」義姉「私さん頭大丈夫?w」】の続きを読む

420 :名無しの心子知らず 2019/02/18(月) 22:40:07 ID:nhW3bT2F.net
なんで若くて綺麗な20代前半から中盤くらいまでに必タヒで婚活してこなかったんだろ。
10代20代はチヤホヤされまくり限りなくモテてたので結婚がこんなに相手次第でおかしな生活になるとは考えてもいなかった。
35歳現在旦那のせいで見る影もないくらい老け込んで離婚しても相手なんて見つからないし。

旦那がお金管理してて小遣いも貰えないから化粧水も安物しか買えず美容院なんて半年に1回2千円くらいの床屋みたいなとこしか行けず服もメルカリの中古で貧乏おばさんまっしぐら。
世間ではプチプラと言われているユニクロは高級、GUですら最近買えなくなってきた。
30代半ばなんてお手入れしなけりゃ元が悪くなくても簡単におばあさんみたいに老け込めるわ。

旦那が憎くて仕方ない
【【経済DV】旦那が憎くて仕方ない。10代20代はチヤホヤされまくり限りなくモテてたので、結婚がこんなに相手次第でおかしな生活になるとは考えてもいなかった・・・】の続きを読む

553 :名無しさん@HOME 2012/02/24(金) 18:33:59 0
ごめん、吐き出させて

とっても金使いの荒いうちのエネ夫。
職業柄、付き合いが多いからお金がかかるのはしょうがないんだ。
でも、子供と一緒に「デュエルしようZE!」・・・なカードを数種類趣味でやってる。
月に結構な額をつぎ込んでいる。
その他にもゴルフ・釣り・・・とひたすら自分の趣味にお金を浪費。
何度か話し合いしたんだけど逆切れするもんで、こっそり緑の神資金貯めようと貯金し始めた。
離婚しなくても、そのときは子供に何か買ってやれるしとにかく貯めようと自分も内職したり小銭を貯め始めた。

その気配を察知したのかなんだかわかんないけど、去年の夏くらいからエネ夫の金使いがどんどん酷くなっていった。
今月は手取り36マソなのに、お金の催促がすでに15マソ超え。
即話し合いしてどうにもならなかったら緑の神だなと思って

「家計ピンチ。何にお金使ってるの?お金の使い方をもう少し考えれ」

・・・的な内容をとっても優しい文面でメールにして送った。
口頭だと暴言はかれるし、お互い冷静になれないからメールにしたんだけど帰ってきたのが

「自分の稼ぎを好きに使って何が悪い。仕事切り上げて帰るから今日は寝ずに話し合いだ!」

的な内容のメールが帰ってきた。
子供にとってはとっても大好きなパパだし頑張って働いてくれてるから我慢していたんだけど、
いくら頑張って働いたからってその分使ってたらお金なんてすぐ無くなるよ。

今の収入で家計が苦しいなら私も就職して働くといっても「お前の理解が無いのが悪い」と繰り返すだけで・・・
今日会いたくない・・・orz
【金使いの荒い夫が困る。私「何にお金使ってるの?お金の使い方をもう少し考えれ」夫「自分の稼ぎを好きに使って何が悪い!」】の続きを読む

442 :可愛い奥様@\(^o^)/ 2017/07/10(月) 15:24:02 .net
相談です
夫が不在でも、子供たちを連れて夫実家に顔を見せに行くって一般的ですか?
夫が多趣味で、休日、連休の度に様々な趣味で外出します。今度の夏季休暇も友人と旅行に出かけるようです。
ずっとこんな感じなので、結婚して以来夫実家に行った事ってほとんどありません。
一方、私は自分の実家が好きなのでよく帰ります。夫も快諾してくれてます。
それを、夫側親戚(義父母ではない)に不平等だと叱られました。実家と同じくらい義実家にも顔を出すべきだと。
「夫がいつもいないので~」と断ったら、「貴方だけででも連れて行けばいいじゃない!」と言われ困惑してます。
正直、夫に帰る気がないのに私も行きたくないし、一人で連れてくなんてしんどいです。義実家と不仲ではありませんが…新幹線の距離です
親に相談したら「たまには連れて行ってあげたら?」と言われますます困惑しました。
夫は「行っても行かなくてもいいよ」と言っています。自分が行く気は全くないようです
お祝いとかは毎度貰ってますが…(お祝い返しはしてます)
全然連れて行かないのは不義理でしょうか?
【私は自分の実家が好きなのでよく帰るのだが、夫側親戚に「不平等だ!実家と同じくらい義実家にも顔を出せ」と言われた。】の続きを読む

695 :おさかなくわえた名無しさん 2013/05/17(金) 15:45:18 ID:XX0zOo5L
明日は結婚記念日だけど夫が約束忘れてたから怒ってメールでふざけて「豪華な花束キボンヌ」って言ったら「プレゼントそれがよかったの?」って聞かれたからうん、と答えてしばらくしたら「ごめん、キボンヌって花色んな店に聞き回ったけどなかったよ」って…。
なんか怒りがどっかいっちゃったよ。
【明日は結婚記念日なのに夫は忘れていた。私「豪華な花束キボンヌ」夫「ごめん、キボンヌって花色んな店に聞き回ったけどなかったよ」←えぇ...】の続きを読む

25 :名無しさん@HOME 2009/03/04(水) 18:44:21 0
夫が1年前にリストラにあった。
私も仕事してるし、何とかなるからそれは今の所大丈夫。
でも夫には田舎に両母がいて、
ウトはもうすぐ定年、
トメは腰が悪くて働けないし、働けた所で田舎なので就職先もない。
一人っ子だしウトメの仕送りは夫の親だから、と納得していた。
夫もハロワ通いしてるし、いつかこの苦労も報われると思ってた。
生活費も切り詰め切り詰め来たけど、
夫がトメの誕生日に実家に帰ると言ってきた。
しかも私も仕事休んで一緒に行けと。
来月に控えるトメのヘルニア手術の為に元気付けたり慰めたりしたいんだって。
夫実家は約200キロ離れてて飛行機の距離、帰るだけで数万円が飛ぶ。
夫は私が何を言っても
「これはもう決まった事だ!!」とわめき、部屋にこもってドアを開けない。
なので泣きながら夫に手紙を書いた。
資格もないただの事務員の私の給料は手取り17万。
それで二人で暮らし、来月のトメのヘルニア手術の金も私が出す。
その後のヘルパーさんも私が出す。
そのために私は休日も出勤してるのは知ってるだろう。
そんな金も出せないのも知ってるだろう、と…
夫がこもってる部屋の前にその手紙を置いた。
朝起きたらいきなり夫にビンタくらった。
「俺の母親の為にそんな金も出せないのか!」だって。
リストラ当時は家事をこなし、私のお弁当も作っていたのに、
今じゃ帰ったら洗濯物は山積み、夕飯はおざなり。
それに不満があったので言えば「お前だってして無いだろう」「俺は求職活動で忙しいのに、
お前は全部俺にやらせっぱなしだ!!」
んで、「お前が反省するまで俺は実家に行く!女だったら誰でもすることだろう!!
その間お前がお袋に対してどれだけ酷い事をしようとしていたのか考えて反省しろ!」
と、出て行ってしまった。
口の中切ったから診断書書いてもらったよ…あ~あ…
【夫が1年前にリストラにあった。ただでさえお金がないのに、トメの手術のために実家に帰ると言い出して・・・】の続きを読む

このページのトップヘ