後輩


288: 名無しさん@おーぷん 20/04/12(日)12:22:06 ID:9a.yv.L1
料理するとき、軽量カップや軽量スプーンを使わないだけでメシマズ認定された。
うちは緊急事態宣言は出てないけど、みんな外出自粛を頑張ってる県。
近隣の飲食店が、独自の判断で営業休止したり早く閉店したりしてるし、
3密で飲食するのも怖いから、ここのところ会社ではお昼を弁当にしてる人が多い。
そんなお昼時、同僚みんなでお弁当広げながら、お互いのおかず見て
「おいしそう、これどうやって作ったの?」なんて話してた。
そしたら、後輩の男子がいきなり「知らなかったー!私さんって料理苦手だったんすねw」みたいに、にやつきながら言ってきたのよ。
なんでそんなこと言うのかって聞いたら、「だって正確なレシピ言えてないじゃないすかw」だって。
確かに他の同僚におかずの作り方を聞かれたとき、正確なレシピは言えてないよ。
「野菜を食べやすい大きさに切って、ゴマ油引いたフライパンで炒めるだけだよ。味付けは、
醤油多めに砂糖少々、鶏ガラスープちょっぴり入れると美味しい」くらいの説明だった。
でも雑談でレシピの話するときって、普通このくらいざっくりした内容にならない?
なのに彼はニヤニヤをやめず、「調味料も計らず作って出来上がったものなんて、よく食えますねw」とかなんとか。

そりゃ私は大雑把だから、軽量なんてめったにしてないのは事実さ。
きちんと計るのが一番だってのはわかってるけど、ずっと料理してたら、どのくらい調味料入れたらどんな味になるのかぐらい、想像つくでしょ。
実際それでちゃんと食べられるものが出来てるんだから問題ないし、旦那だって美味しいと太鼓判おしてくれてる。
他の同僚も、「私もあんまり計らないなあ、お玉でばしゃー、瓶からざばー、だわw」
「その都度、味見してればちゃんと美味しくできるもんねw」と、フォローしてくれた。
ところが先の後輩男子、その後もことあるごとに私をメシマズ扱いしてきて、大変うざったかった。
別にあんたに食わせるわけじゃないし、どう作ろうが勝手だろ…と思っていたら。
「食えるものを作ってるかどうか、俺が確かめてあげてもいいっすよw」って、昼休み終わって私が一人でいるときにいきなり言われた。
なにそれ。君の弁当を散々メシマズ扱いしてる私に作れとぬかすか?
秒で断ったら不服そうな顔をしていた。なにがしたかったんだこいつ。


【勝手に私をメシマズ認定した後輩(男)が「食えるものを作ってるかどうか、俺が確かめてあげてもいいっすよw」と言ってきた。私(なんだコイツ…)→もちろん断ったが、その後…】の続きを読む


106 名前:可愛い奥様:2014/02/08(土) 22:45:04.13 ID:HPIT6GKSO

ニュースで○年ぶりの積雪っていうのが
段々▲年ぶり×年ぶりって増えていった。
とうとう45年ぶりとな。すごいなぁ。

まだ容赦なく降り続けてる。
マンションの外廊下が銀世界。
雪かきするにもその雪どこに捨てるんだ?
雪かきもしたことないんだ。


【職場の後輩(女)から夫に「(積雪で)上野駅から帰れなくなりました」とLINEが来た。夫「こんな日に…バカなんじゃねえの」と、言いつつ帰れる手段を探してやってる→その結果】の続きを読む


473: 473 2009/09/18(金) 03:12:36 ID:TrGc2ngx0
2chで初めて書き込むスレがここになるとは。

俺 20(専門)
彼女 20(医学生)
B子 21(フリーター)
C男 23(フリーター)

全員バイト先の仲間(飲食系)。
俺と彼女は付き合って1年半、そして八ヶ月ぐらい前から同棲中。
マンネリな雰囲気は前々から匂ってきてはいるものの、お互い協力しながら時には喧嘩をしつつ、まあそれなりに幸せにしているつもり。 


だが、冷やかしとかは二人とも鬱陶しがる性格からか
交際はバイト先には秘密。それがだめだったのかもしれない。


【彼女と俺はバイト先が一緒。俺「B子から好きな人いるって言われた」彼女「C君から恋愛相談受けた」てことはBとCがもしかして…?→4人で遊園地に行ったらとんでもない結果に!】の続きを読む


676: 名無しさん@おーぷん 2016/04/11(月)17:24:01 ID:YVL
些末な出来事だけど、人間(というか自分)の目ってあてにたらないなと感じた私の衝撃体験。

まず私は身長158で体重90前後をウロウロしてるデブ。子供の頃も超肥満児で、人生で痩せてた時期が一度もない筋金入りのデブ。
体型を笑われるのもいじられるのも慣れっこで、学生時代や若い頃は泣いて落ち込んだりもしたけど、
アラサーになり心も体と同じように図太くなると自らデブキャラとして自分の体型をネタにして笑いをとる明るいデブになった。
そんな私の会社の後輩に私と同じぐらいのデブがいた。後輩子は身長は私より高いけど体型は私と同等のデブ。性格は私より静かで大人しい。
私は自分と同じデブの後輩子にとても親近感を感じ、可愛がり仲良くなった。
会社では「後輩子は私の双子の妹」というのが定番の冗談になり、たびたびそう言っていた。


ある日、後輩子にまさかの結婚話が。私は当然それを嘘だと思い全く信じてなかった。
デブがエア彼氏やエア結婚で見栄張っても恥ずかしいだけだと内心ニヨニヨしていた。我ながら性格が悪い。
筋金入りのデブで学生時代ずっと男にデブだ豚だと体型を理由にいじめられてきた私は恋愛経験もなく、
そんな私と同じデブの後輩が結婚するなんて言われても全く信憑性が無い。
たまにデブなのに顔が可愛くてモテる奇跡のデブがいるけど、後輩子の顔は特に可愛いわけでもないし。

付き合いが長くお互い無遠慮に何でも言い合うぐらい仲の良い同期(※女)と食事中に後輩子の話題になり、
私は私と体型そっくりなデブが結婚てさすがに無理のある嘘だよねと笑ってたら、同期が変な顔をした。
そして、同期に「あんたもしかして今まで本気で言ってたの?」
「今まで双子云々は冗談のつもりで言ってるだけだと思ってた、てか全く双子に見えないからこそ冗談だと思ってた」等々言われた。
私はその時も、こいつは何を言ってるんだと思ってた。それが顔に出てたみたいで同期と少し言い合いになった。
次のレスに続きます。


【私と体型そっくりなデブス後輩に結婚話が。私「あんなデブが結婚って嘘だよね~w」同期「アンタまさか今まで本気だったの?」私「え」同期「これ見なよ」→社員旅行の写真を見た結果】の続きを読む


699: おさかなくわえた名無しさん 2019/06/28(金) 20:20:05.15 ID:sv/jTb9Q
職場で人手不足のしわ寄せが事務にくるようになり
更に残業禁止でここ数年激務

それなのに他支店から大きな業務を回された
客が直接、来店したりと後回し出来ない業務ばかり
私と同僚は常に文句を言っている状況になっていた

業務を回された事情を後で知らされ愕然
その時期に急に来なくなった後輩が妊娠をしていて産休を取る予定だったらしい
その子の業務を他支店に振り他支店の業務がこちらに回ってきたという 


変則的な業務振り分けだったんだけどそんな事情は誰からも聞かされていなかった 
なので私と同僚は産休予定の子の前で業務を押し付けられたと文句を言ってしまっていた 
2人とも精神的にも肉体的にも疲れきっていたのでけっこう酷い事も言ってしまってた 

その子はそんな状況に耐えられるはずもなく 
「体の状態が良くない」と上司に連絡したきり来なくなった 

私たちはあまりの忙しさにその子の業務が減っていた事にも気付かなかった 
上司がいない時に愚痴ってたんで上司から注意される事もなかった 

その子が辞めてからしばらく経ち「〇〇さん子供だめだったんだって」という会話が聞こえてきて初めて事実を知った 
2人ともその日は昼食も喉を通らず変な動悸がして早退させてもらった
【ただでさえ忙しい中、他店の業務が回ってきて、同僚と2人で「押し付けられた」と後輩の前で愚痴っていた。しばらくして急に後輩が来なくなり、後日事情を聞かされ愕然…→結果】の続きを読む


684: 名無しの心子知らず 2012/01/18(水) 01:38:46.87 ID:lvarWuSx
35w長文愚痴スマソ
旦那が私の後輩と浮気してるのが発覚。

ここ2ヶ月位帰宅時間が毎日深夜1時前後だわ、
休みの土日はほぼ家居ないし、おかしいな
と思ってたらやっぱりだった

後輩と旦那は前々から仲は良かったんだけど、
そんな関係だとは思ってなかったから人間不信になりそう

こっちはいつ産まれてもおかしくない状態なのに
旦那には頼れないどころか、下手すりゃ
産まれた時にズコバコやってる可能性もあると思うと、
旦那にとってお腹の我が子と私の存在って何なんだろう…
こんな奴に父親面されたくないよ…

頭おかしくなりそうだ
赤を抱かせたくない

男的に嫁が妊娠中に浮気はデフォなんだろうけど、
正直キツイわ

だからってあんまり凹んでもお腹の赤に良くないだろうな…
情けない母親でごめんなさい、赤さん
デンと構えられる強靭な神経が欲しい

もう嫌だ


【【未解決】35週の妊婦なんだけど、夫が私の後輩と浮気してた。この時期の浮気って男にはデフォなの…?いや、うち夫がバカだよね…証拠は揃ってるのに夫は認めず逆ギレ。腹立つ!】の続きを読む


1: 名無しさん@おーぷん 2018/01/24(水)06:17:17 ID:gtd
後輩「金もったいないんで無理です」

俺「は?じゃあお前病院は?なんでインフルだってわかったの?」


後輩「明らかにインフルだとわかります。寝て治すつもりです」

俺「…いやいやそれじゃ通らないよ?」

後輩「どうしろと?出て行ってうつしたら大変じゃないですか」


なんかやめるって言い始めたらしいけど
中途採用でこれとかあのおっさんは

何をしてきたんだろう


【後輩から連絡「インフルなんで休みます」俺「診断書貰っておいてね」後輩「金もったいないんで無理です」俺「は?じゃあなんでインフルってわかったの?」→後輩が言うには…】の続きを読む


685: ↓名無しさん@おーぷん 17/12/14(木)03:20:47 ID:???
最近第一子が生まれた後輩
ウェーイ系の先輩が酒の席で後輩のLINEから勝手に奥さんへ「DNA鑑定がしたい」と送ってニヤニヤしてた
しかし携帯を奪われた後輩は焦るでもなくにこやか
しばらくして奥さんから「病院が取り違えてたら、私がボコボコにするから任せて!」だった
先輩のイジメ行為はその後上に報告がいって先輩は消えた
後輩は「妻は強くてかっこいい人なんです」とにこやかに答えてたが
いや、あんたも十分強くてかっこいいよと思った出来事



【会社の先輩が酒の席で、第一子が生まれた後輩のスマホから奥さんに「DNA鑑定がしたい」と送ってニヤニヤ→奥さんからの返信に、余裕の笑みの後輩→その後の先輩の運命は…】の続きを読む


387: 名無しさん@おーぷん 16/09/20(火)20:09:03 ID:wRp
妹夫婦が離婚の危機で、俺が仲介している最中なんだが、頭が痛い。
まず妹夫、俺の後輩。
俺の紹介で、付き合って結婚した。
にくめないやつなんだが、ずぼら。
缶ビールの空き缶を燃えないゴミのゴミ箱に入れて、鼻かんだティッシュを燃えるゴミ箱に入れるじゃん?
後輩はそれができない。全部、燃えるゴミ箱に入れてしまう。
脱いだ靴下を、洗濯機に入れない。脱ぎたい時に脱いで、机の下とか、座布団の下に入れる。
数日後、熟成された靴下が、発見される。
魚の骨とかも、指で取って、皿の横にでも置けばいいのに、指でピンっと弾いて
床のどっかに飛ばす。
切った爪なども、そうらしい。切ったら捨てないで、床のどっかに落ちている。落ちっぱなし。
後輩、楽しい奴なんだよ。遊ぶ相手には。
でもやっぱりこれ一緒に暮らすのは嫌だよな…。
おまけに、家事一切やらない。できない。
妹も後輩も働いているが、後輩の方が、収入は多い。研究職だからな。
後輩の方が稼ぐから、家事は妹。これは別に、妹はいいらしい。
後輩に家事できないのはわかってるし、手出しされても後片付けが増えるだけだからって。
何が問題かというと、この状態で子供作りたくない、
子供ができても、父親がこんなんじゃ、しつけによくない。
子供ができないうち別れた方がいい。
働いて、100%家事して、生活費折半で、子供も作れないんじゃ、結婚してるメリットがない。
と妹は言う。
俺は妹が正しいと思う。妹の味方だ。しかし後輩にも、まだ情がある。
妹の戸籍にバツをつけないためにも、後輩に生活態度を改善して、離婚回避してもらいたい。
後輩の言い分
「自分は性格上、どうしても理詰めな所があり、妹は女性的なファジイさを重視するため
相容れない部分はあると思う。
その女性的な部分を、男としてリードせねばと、更に理詰めになっていたかもしれない」

「では理詰めで進めよう。生活費が折半なのだから、家事も折半にしよう」
後輩
「それはおかしい。妹は家事が得意。自分は不得意。能力差を鑑みると、折半は公平でない」

「しかし理屈に照らし合わせれば、金銭負担が現状同等であるのは事実で、
後輩もその分、なにか負担しないと、夫婦関係は50:50にならないだろう」
後輩
「わかった!子供を作ろう。育児ならやれると思う。やりたい!」

「いや、妹は子供作りたくないって言ってるだろう」
何だろうな。こんなに話し、通じないやつと思わんかったわ。
【【結果不明】妹夫婦が離婚の危機。妹「100%家事で生活費は折半。私に結婚してるメリットがない」後輩「家事は苦手。育児ならできる!子供作ろう!!」←話が通じないんだが…】の続きを読む

667 :名無しさん@おーぷん 2019/11/30(土) 11:15:12 ID:jp.2f.L2
後輩(女)が女叩きにハマった
とにかく女は女はってバカにする
若い頃男に騙されて借金作って返済終えて
復讐なのか男を騙し始めたころからおかしくなっていたけど
止めても彼氏いない僻みですか~?って笑われたり彼氏できたら自分の彼氏の年収自慢はじめたりとマウントとりみたいになってたんだ
それがなぜ女叩きになったかわからない
女らしさを売りにするホステスなのに
ブーメラン突き刺さってるのわからないのかな
【職場の後輩が女叩きにハマって、とにかく「女は女は」ってバカにするようになった。止めても、後輩「彼氏いない僻みですかぁ?w」だって。ブーメランなのがわからんのか…←ん?】の続きを読む

このページのトップヘ