方言

765 :名無しさん@おーぷん 2019/10/16(水) 14:25:09 ID:tO.py.L1
京都の大学に進学したからさ、今京都の学習塾でアルバイトしてるんだけど
子どもたちが雑談でナチュラルに敬語使っててびっくりした
京都の敬語といえば「~はる」だけど、学校の先生の話をするときとか「先生はその範囲は出やんって言ってはった」とか
普通に本人がその場にいない場面でも尊敬語つかって話してるの
これを標準語にしたら、「先生はその範囲は出ないって言われた」とかでしょ
地元じゃ先生がいなかったら敬語なんか絶対に使わないから、京都ってスゲー!と感動したわ
周りに「京都人は『はるはる』うるさい」と言ってる人もいるんだけど
そんな耳に残るくらい日常の砕けた会話に敬語が浸透してることってすごいと思う
しかもこの「~はる」って、相手が取引先の社長とか、大口の顧客みたいな人を指して話すときでも通用するんでしょ?
「社長さん、体患ってはったけど治らはりました?」とかビジネスマンが喋ってて、スゲー!と思ったよ
【京都の学習塾でアルバイトしてるんだけど、子どもたちが雑談でナチュラルに敬語使っててスゲー!と感動したわ。日常の砕けた会話に敬語が浸透してることってすごいと思う】の続きを読む

250 :名無しさん@HOME 2012/05/27(日) 18:23:27 0
長文失礼しますー
結婚当初の事なんだけど、よく考えたらドキュだったかもしれない。

旦那実家、ウトメ世代だと方言ガンガンで訛り強くて何言ってるかほぼ分からない。
旦那に聞いたら、実家帰るときは自分が通訳するからずっと一緒にいればいいよ!
大事なことは俺の携帯にかけろって言ってあるし、家電は適当に流せば良いし取らなくても良いよ!(旦那は性.格がワンコ)

子供生まれて産休入ったらよくウトから電話着るようになった。
さっぱり分からず、やべえ旦那居ないんだけど失礼しちゃいけないよな…と無い頭ひねり、
「へえ」「はあ」「ほうほう」みたいな相づちで差し障りなく程よい感じにに返すようにしてた。
慣れてくると途中で「さすが義父さんー」「なんと!年の功ですね~」とか折り込んで、自分の空気の読み加減に悦に入ってた。
最終的には赤のお世話がしやすいようにハンドフリー音量1(ほぼ聞こえない)で雑音の切れ目に相づち。まさに気分はプロ。

その後ウトだと思ってた電話相手がコトメ(12離れた旦那姉)だと判明。
旦那実家でコトメが私に罵詈雑言電話をしているところをトメが発見→旦那に報告→私に伝わる
実家でコトメの吊るし上げ大会が開かれた結果、
コトメは暇つぶしに気に入らない若い弟嫁をしつけてやろうと電話凸。
私が素直に話を聞くので調子に乗ってエスカレート。都会女をサンドバック状態メシウマ。
途中からいやみに対していやみで返してくる事が増えた(コンプレックスが声)
鬱憤がたまったので、子供もろとも地獄へおちろー!っぽい事を叫んだところを発見された…ということらしい。

とりあえず旦那には本当のことを話したんだけど、実家には話さないでおこうと言われた。
トメがめっちゃ申し訳なさそうに電話してきたので、元気付けようと孫の声を聞かせた。
ンバァ!と言ったのがばーばと呼ばれたと勘違いしたらしく(赤まだ話せない)トメ感動で泣いてた。
コトメの処分が厳重注意から実家出入り禁止に重くなった。

そもそもウト働いてるのに昼間から電話無理じゃね?と今書きながら気づいた私は多分頭足りてないorz
【旦那の実家はウトメ世代だと方言ガンガンで何言ってるかほぼ分からない。産休入ったらよくウトから電話がくるようになり、失礼にならないよう相槌してたんだけど・・・】の続きを読む

645 :おさかなくわえた名無しさん 2018/10/19(金) 00:39:34 ID:wTzPIktV.net
カッコつけたがりの友人のブームなのだろうが最近方言を使い始めた。
友人は東京の人なので東京訛り以外は訛りは無いはずなのだが、とにかく方言を使いたがる。
それがとにかく酷い。誰が聞いても分かるただの方言コスプレで聞いていられない。
本人はうまく言えているつもりだろうが取ってつけたような語尾が浮き出ている状態。
こちらが恥ずかしくなるからやめてくれと友人に言ったら「これが僕の個性.だから(ドヤ)」って言われた。
漫画じゃないんだから個性.は無理やり付けるもんじゃないんだよ...。
【カッコつけたがりの友人の個人的ブームが方言らしく、最近方言を使って話し始めた。聞いてるこっちが恥ずかしくなるような方言コスプレなんだが、やめてくれと言っても聞いてくれない】の続きを読む

224 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/09/28(木) 10:31:20 ID:neQv0hAm.net
就職した先でお客さん対応をしていたとき、
お客さんが突然「ジャージがボーン」と言い出したとき。
聞き間違いかと思ったけど他のお客さんも時々言う。
まゆげボーン!的な?新手のギャグを言うような年齢の人たちじゃないし、私の中ではすごく衝撃的なワードだったんだけどなんですかそれと聞く勇気もなかった。
しばらくして方言だということがわかったんだけど未だに当時の衝撃は忘れられない。
【お客さんの対応をしていたら、お客さんが突然「ジャージがボーン」と言い出した!しばらくして方言だと分かったんだけど当時の衝撃は凄かった。→その意味とは?】の続きを読む

このページのトップヘ