無事でよかった

344 :恋人は名無しさん 2012/02/08(水) 18:44:08 ID:MoC76BTA0
友人の誰も2ちゃんに投下してなかったことが判明したので
学生時代の話を投下します

相手はサークル交流で知り合った他大学の上級生B男
知り合って2日目、告白もされないうちに私子をホテルに連れ込もうとして抵抗されて
私子の頬をはりとばす。私子、突き飛ばして逃げる
サークルの先輩・同級生が怒って吊し上げしてくれて一旦は終了

10日くらい後に性.懲りもなくB男から誘いのキモメールがきた
念の為にとガードしてくれてたA先輩に相談
言われたとおり「アド変えた」とA先輩のアドを教えて自分は着信拒否
やりとりをまかせた


1通目「やあ、新アドありがとう
   そろそろ後悔してると思ってメールしてみたよ
   乙女の恥じらいもいいけど、もうきみは大人だろ
   ああいうときは男を立てることを覚えないといけないだろ?
   ぼくも少し強引すぎたかな?
   でも少しの行き違いに過ぎないよ
   そんなもの春のなごり雪のように溶けけちっちゃっゆよ(一部抜粋)」

返信「トケケチッチャッユヨヽ(゜∀。)ノ」


2通目「何度でもいうけど男を立てることが乙女の義務でしょう?
   かわいいきみのことだから許してあげる
   ぼくに身をまかせて陶酔のシャンゲリアにいってみないか?(一部抜粋)」

返信「シャングリラだ無知蒙昧」
【【乙女の義務】サークル交流で知り合った他大学の上級生にホテルに連れ込まれそうになったので、抵抗したら頬をはりとばされた→何とか逃げたんだけど、ソイツから来たメールがヤバい】の続きを読む

707 :名無しさん@おーぷん 2019/10/05(土) 09:23:18 ID:rj.le.L1
私が中学生くらいのときの話。

家は通りから一本入って袋小路状になった奥にある。そのためその辺りに住んでる人しか普段はこない。

ある日、その通りのところにフルフェイスのメット被った男の人がいた。別に何も思わずスルーしたけど、私が家に入る時に何気なく通りの方を見たら、その男の人が何故かこっちを見てて目が合った。
その時に「えっ何?誰?」と思いつつも帰宅。家は誰もいなかったので部屋で寛いでると、玄関からガチャっと音がした。
お母さんが帰ってきたかな、と思ったけど家に上がってくる音がしない。アレっと思って玄関まで見にいくと、さっきのフルフェイスの男が玄関のドアからヒョコッと顔を出してたんだよ。
まじ心臓が止まりそうになった。
当時、家に誰かいる時は施錠してなかったんだよね。
ビビりながら、
「だ、誰ですか?」って聞いたら、
「あー、えっとー、あの、新聞いります?」とか言って。

いやいや、新聞てなんだよ。新聞配達なわけないだろ。フルフェイスのメット被ったままで目しか見えてないし。ピンポン鳴らしてないし。怖いし、誰??と、テンパリつつ会話。
「新聞はいりません」
「そうですか、えっと、じゃあトイレ貸してもらえます?」
「え?いや、え、嫌です。」
「限界なんです」
「向こうの公園にトイレありますよ」
「いやーほんと限界なんで」
とか言って靴脱いで家に上がって来ようとするんだよ。

ほんと無理って思ってテンパってると、だんだん向こうはそれが面白いみたいな、私をからかってくるような口調になってきてさ、
「彼氏いるの?」とか関係ないこと聞いてきたりして。
もしかして知り合い?兄の友達か?とか一瞬思ったけど、だとしてもずっとフルフェイスだしピンポン鳴らさず玄関開けてたのとかおかしいし、もうパニックになって。
その時、家の電話が目に入って、やっと警察を思い出して、
「出てかないと警察呼びますよ!」って言ったら、やっと諦めて帰っていった。

結局何だったのかよくわからなかった。
家に私が入るとこ見てたから、留守宅に入ろうとしたわけでもないし、襲われそうになったわけでもないし、新聞屋ではないだろうし。終始フルフェイスのメットだったから顔もわからなかったし。

当時は不思議だなーくらいの気分だったけど、今考えると相当こわい。
でも今でも何の目的だったのかよくわからん。
【家が袋小路状になってる通りの奥にあるんだけど、ある日中学校から帰ってきたらその通りにフルフェイスのメット被った男の人がいた→家に入って寛いでいたらその男が家に入ってきて…】の続きを読む

691 :名無しさん@HOME 2012/08/26(日) 15:24:33 0
信号が赤だったので青になるまで立って待っていた時だった。
突然、後ろから小さな男の子に思い切り突き飛ばされて私は道路へ。
タイミングよく車が来てしまい私は吹っ飛ばされた。
友人やそばにいた人の悲鳴と息をのむ音は忘れられない。
そこから後の事は聞いた話。
突き飛ばした後、私のバッグを持って逃走しようとした男の子。
友人は男の子を追いかけようとすると逃走方向にいた男性.が男の子を掴まえてくれた。
物凄い勢いで泣き出す男の子に「○○!」と男の子の傍に寄ってくるお母さんらしき人。
男性.は警察を呼んでくれて親子と友人と男性.で事情聴取開始。
話しているうちに
「人を道路にまで出していいとは言っていない!」とお母さんが男の子にバッグを盗むように指示していたことが発覚。
バッグを盗もうとしたのは私がバッグの中にwalkmanとipodを二つ入れているところを見たから。
それと、外人に道案内をしているのを見ていたらしく「英語が喋れる!音楽機器二つ持ってる!財布にはたんまり金があるに違いない!」と思ったらしかった。
私は三日間昏睡状態だったけど、後遺症もなく元気に過ごしている。
その後、昏睡状態から目覚めたところだけを覚えているボケてしまった祖母は
私を何かの神様と勘違いしているらしく、枕元に果物やらお酒やら花を置いてく。
起きると手を合わせてくるしちょっと困惑中。
【信号待ちをしていたら突然、後ろから小さな男の子に思い切り突き飛ばされてタイミング悪く来た車に吹っ飛ばされた→その後起きたことを友人から聞いて唖然とした】の続きを読む

このページのトップヘ