男性

286 :愛とタヒの名無しさん 2016/09/03(土) 20:43:11 ID:WZeDWh1u.net
今年29になったアラサー女子だけどこんなことがあったんだ…

話は1年前にさかのぼる…。結婚を意識して婚活サイトに登録したが思いのほかマッチングせず
月に2人くらいしか会えないという罠。4人目くらいだろうかあった人が随分良い条件で
ちょっとした仕草からも育ちの良さを感じさせる。相手は同い年なんだけど自分の3倍近く稼ぐ。
で、5ヶ月でガチ交際になって今年中に結婚を約束したんだわ…。条件も良いし性格も良いし。
少し薄毛で気になるけど最終的にははげてしまうしそれ以外は良い人だから付き合ってたんだ。
「もう婚活はやめてね」「今年中に結婚しようね」
彼とそう約束してしばらく結婚を意識したお付き合いしてたんだ。

で、そのあと別のマッチングした男性(保険として)と会ってたんだわ。その人と
1回目のお見合いで食事にいってたんだが、そこで彼Aと連れの男性(仕事仲間?)がいて…。
「やべー…」って思いつつ彼Bとの会話を楽しんでたんだわ。そこそこいい顔だったし。

1時間くらいして彼Bと店を出たら隣のコンビニで買っただろうコーヒーを片手に彼Aが待ってて
「?どういうことなの?」
無表情ながら口調は随分穏やかで何を考えてるのかわからなかった。
私「…いや、これは会社の」
B「あー、ネット婚活で知り合いまして」
彼Bがほぼ同時に言葉を発してしまう。
(バカ、空気読めよ!)
A「…そうなんですね」
私「いやだから違うって」
A「…何が違うんですか。そんなこと言ったら「彼」に失礼でしょ」
私「だから、そういうわけじゃ」
私の発言を無視してBに向き直り
A「わたしもこの方とネット婚活で知り合って」
A「今年中にお金ためて結婚しようと約束までしたんですけど」
B「どういうことですか?」
私「…(何も言えない)」
A「…わたしじゃダメだったみたいですね、ごめんなさい、おとなしく身を引きます」
(この時点でAを失ったことを確信した、口調が「ですます調」になってたし)
A「わたしが言うのもなんですけど、あなた、ひどいですよ…」
Aはそう言ってBに会釈して足早に駅へ向かう。
【婚活サイトで知り合った男性Aと結婚する約束をしたんだけど、保険として男性Bと会った。←運悪くそれが男性Aにバレてしまい・・・】の続きを読む

564 :名無しさん@おーぷん 2017/05/29(月) 01:44:19 ID:7Ma
入院中の出来事
隣に集中治療室から一般病棟に移ってきた男性の話
この人、頭の中で血管が切れて救急車で運ばれてきたらしい
最初の夜はうわ言を言いながらタヒぬんじゃないかと怖がって泣いてた

毎日奥さんが見舞いに来て、そばでつきっきりで世話をしてるから愛されてるんだなと思ってたんだけど
薬が効いて症状が緩和したとたん、奥さんが豹変した
「ねぇあなた、今どんな気持ち?」
男性は病気の影響で言葉を理解できても発言ができなくなっていて、何も反論できない男性に向かって奥さんは淡々と自分が言われていた言葉を繰り返してた
「病気になるのはお前に『クモリ』があるからだ」
「お前の『クモリ』がお前を苦しめてる。その『クモリ』を浄化しないからこうなるんだ」
「お前が病気で苦しんでるのは自業自得だ。きちんと『メイシュサマ』にお祈りしなかったからだ」
「『メイシュサマ』にお祈りしておけば病気なんかにならない。お前の気持ちが届いてないから『メイシュサマ』に守ってもらえないんだ」
「きちんと『メイシュサマ』に感謝をすればタヒなないんだ」
「お前のせいだ、お前が悪い」
これを来る日も来る日も繰り返してた
男性はこの言葉を言われるたびに涙を流してた
なんで俺がこんなに詳しく覚えていたかというと、奥さんと入れ替わりに来る娘さんたちも全く同じ言葉を何度も何度も繰り返していたから
長女さんに至っては「私が発作で倒れたとき、救急車呼ばずに『浄霊』してたよね」
「薬は毒だっていって、命に関わる薬を隠したり捨てたりしたよね」
「それを私が小3のころにやったんだよ?覚えてる?」
「私が先天性の難病にかかってたのは自業自得なんだよね?じゃああなたがこんなことになったのも自業自得だよね」
「だから誰も同情しないんだよ。わかってる?あなたの言葉があなたに返ってるんだよ」
「良かったね、あなたの言うとおり私達に投げかけてた言葉が『クモリ』になって全部返ったよ」
「二度と元に戻らないから一生タヒぬまで浄化され続けるね。よかったね」
という言葉を来るたびに繰り返してた
娘さんたち、まだ若くて学生かな
それなのに淡々と話す声がまた澄んでいて聞きやすくてそれが余計怖かった
奥さんの言葉はまだ怒りとか悲しみとか呆れがわかるんだけど
娘さんたちの言葉は本当に感情が無くて淡々としていて、めちゃくちゃ耳に残った
そのせいで俺が夜うなされたほど

話をまとめると男性は長女さんが生まれてすぐにバカなバイク事故を起こして二度もタヒにかけて
そのときにカルト宗教に洗脳されてしまったらしい
それからというもの何があっても宗教宗教で、その宗教が薬は悪という考え方をしていたから家族は随分迷惑を被ったそう
「毎日毎日お祈りにいって献金してたのに、誰がお見舞いに来たの?」と言った長女さんがクスクス笑ってたのはダントツのホラーだった
次女さんは忌々しそうに「私達にどこまで面倒をかければ気が済むの?」と吐き捨てていた
その時はひどいと思ったけど、その後きた奥さんに
「長女を産んで入院中の私に『子供とお前の食い扶持はお前が稼げ。俺は一銭も出さん』と言ったんだから、あなたもあなたの食い扶持自分で準備するのよね」
と返されていて同情心が吹き飛んだ
これまでの仕打ちの仕返しをこうやって弱ったときにされてるんだな
こう言いつつも三人とも男性の身の回りの世話はしてたから女性ってすごいと思う
俺は先に退院したけど、男性は最後まで言葉を取り戻せずに毎日家族からこれまで投げかけた約20年分の言葉を返されてた
【頭の血管が切れて入院してきた男性。奥さんや娘さんに、「病気になるのはお前に『くもり』があるからだ」と言われていた。】の続きを読む

このページのトップヘ