葬儀


354: 名無しさん@HOME 2013/10/14(月) 13:22:42.27 0
冠婚葬祭スレに行けと言われそうだけど、よかったら教えて。
義兄嫁の父親が亡くなったのが昨日。斎場が空いて無くて
通夜が17日葬儀が18日です。私達は関東在住で義兄嫁実家は北海道。
義兄嫁は危篤になった時点で実家に帰っていて
義兄は三連休の前の金曜夜に羽田から飛んで行った。
我が家は私が臨月で保育園行ってる三歳児もいて産休中です。
義実家も関東にあり義兄夫婦も関東に住んでます。
義両親は通夜から出るので、17日の朝の便のチケットを取ったそうです。
我が家は私が身動きとてないし、万が一の場合夜病院に連れて行ってくれるのが
旦那しかいないので私達夫婦は欠席で香典を義両親に預けることになりました。
義両親もそれでいいと言うので、それでおしまいと思ってましたら
今朝義兄嫁から電話が来ました。「なんであんた達夫婦は来ないの?」と。
飛行機は臨月だと乗れないからと言うと「まだ時間があるからフェリーで来なさいよ!
大事な親族の一大事なのよ!もし来なかったらあんた達の子供に保証人が必要になっても
絶対に旦那にならせない!いい絶対来ないと許さないから。」と怒鳴れて切れました。
録音できたないのですが、とりあえず旦那には連絡しました。旦那から義両親に連絡して
くれるそうですが、もし私が妊娠してなくても臨月でなくても幼児がいる状態で
義的嫁の父親という間柄で関東→北海道の距離で葬儀に参加する必要ないですよね?


【義兄嫁の父が他界。義兄嫁「なんであんた達こないの?」私「私が臨月で上の子を見てくれる人がいないので…」義兄嫁「親族の一大事なのよ!絶対来ないと許さないから!」→方針は…】の続きを読む


630: 愛とシの名無しさん 2006/05/16(火) 20:39:13

オヤジの親友がシんだ時の話。

家も近くだし、オヤジとそのおじさんは学生の頃の同級でもあり 
家族ぐるみの濃い付き合いだった。 

家族以上にこ人の交友関係を知るうちのオヤジは受付をすることになった。 
オヤジの落胆ぶりもすごかったが、 
「あいつにしてやれる最後のことだから」 

ってがんばって通夜、告別式の準備をしてた。 

準備も終わりそろそろ通夜の客が来る時間に 
それまで控え室でずっと飲み食いしてた親戚というオッサン二人が親父のとこに来て言った。 
「別にアナタを疑うわけじゃないけど、一応他人であるわけだから・・・
これに一筆書いてくれないか」 

差し出された紙にはこう書いてあった。 


・香典の金額には私が全責任を持ちます。
・最終的に金額が合わない場合は私が補償します。
・通夜、告別式のスタッフとしての報酬は求めません。

横で見てた俺は一瞬にして怒りマックスに達したがオヤジは普通にサラサラと署名した。
怒りを抑えきれない俺にオヤジは静かに言った。
「お前も友達がシんだらわかる。俺はアイツのためにやってることだからもめたくないんだ」
オヤジがすごく大きく見えたよ。

そのあと、故人の奥さんが泣きながら走ってきて謝ってくれた。
「ごめんなさい。失礼なことして・・・これは破棄させてもらいます。ホントごめんなさい」
誓約書は破ってくれたけど、
通夜の後もすぐに通夜振る舞いの席に行って飲み食いしてるその親戚のオッサンに

最後までハラたって仕方なかった。



【俺父の親友が他界。父「あいつにしてやれる最後のことだから」と告別式と通夜の準備をすることに→すると親戚というオッサン2人が「書いてくれ」と紙を差し出してきた→そこには…】の続きを読む


119:名無しさん@HOME04/12/01 20:12:30
兄二人がいるコトメです、お邪魔します。
今年の夏、祖母が亡くなったのですが、その葬儀に長兄の嫁と子が来ませんでした。
息子(小4)の中学受験の夏季講習があるとのこと。
母と何となく上手くいっていないのは知っていますが、葬儀にはきてあげて欲しかった。

祖母の遺言も、「密葬にして欲しい。身内のこれこれの人だけで見送って欲しい」とあり、
その中にはもちろん兄嫁の名前も、ひ孫である兄の子の名前もあったので
余計につらいです。

次兄のお嫁さんと母は気が合うらしく、仲良くやっています。
母はもともと口は悪いが、お腹の中は空っぽというタイプの人で、
長兄の嫁と次兄嫁に区別なく接しているようですが、受け取り方によって
違いが出てしまったようです。

繊細な長兄嫁には母の至らないところが腹立たしかったのだとは思いますが、
祖母の葬儀にだけは来てあげて欲しかった。
また今年は、父母の喜寿の祝いもあったのですが兄夫婦は不参加でした。
親戚一同があつまる会も、年老いた父母の代わりに次男夫婦が参加してくれています。

このまま兄夫婦が一族から孤立していきそうで、家族がバラバラになってしまうような
気がして悲しいです。
愚痴でスミマセン。

【【報告者が…】祖母が亡くなったが葬儀に長男嫁と子が来なかった。「身内の(誰それ)に来てほしい」という祖母の遺言にも名前が挙がっていたのに…私母と何かあった?→もしかして…】の続きを読む


42: おさかなくわえた名無しさん 2018/09/18(火) 12:48:17.95 ID:recKCpxx.net
若くして亡くなった従兄の葬式でのこと。

従兄嫁が突然 「この葬儀が終わったら私は出て行きますのでお義父さん(右半身麻痺)とお義母さん(手術してもすぐ再発してしまうらしいヘルニア?による腰痛もち)の面倒をどなたがみるか決めていただきたいのです。お義母さんの嫌がらせで子供にも恵まれませんでしたし私は他人に戻ります」 とか言い出した
何があったんだ と怒る伯父。泣く伯母。何とか従兄嫁をなだめようとする親戚一同でカオスになった

結局、従兄嫁は葬儀が終わってすぐに本当に出て行ってしまった
せめて四十九日までは頑張ってほしかった気もするけど仕方ないのかな

今、伯父夫婦は誰も面倒見てくれる人が見つからずお手伝いさんを雇って細々と財産を削ってるみたい
伯母が必タヒで従兄嫁の行方を探してるらしいんだけど、見つかったとしても戻ってくるわけないよな
【従兄の葬儀で従兄嫁が「この葬儀が終わったら出て行きますので、お義父さんお義母さんをどなたかよろしくお願いします。私は他人に戻りますので」と言って本当に出て行った→そして…】の続きを読む

561 :おさかなくわえた名無しさん 2019/05/22(水) 23:12:10 ID:KAJ2vBJD.net
大学生の頃、斎場でバイトをしていた。
通夜と葬儀の間の一晩、ご遺体のある部屋で遺族の方が泊まる部屋の管理や
ちょっとした遺族の方の用足し、電話番なんかが仕事。
あるとき百歳近い方が亡くなって、その葬儀の喪主の男性.、亡くなった方の息子さんが
六十代なんだろうけど病気で足腰が弱く、常に奥さんや息子さんが
支えていないと歩けず、ちょっとした段差を踏み越えることも出来ず、
口が上手く閉められないらしく常にマスクをしており、言葉もほとんど俺には聞き取れないという方だった。
当時二十歳くらいの俺的にはその喪主の方はヨボヨボのおじいさんという印象だったので、
その方が喪主挨拶でものすごく聞き取りやすい歯切れの良い声で朗々と演説をしたことに腰を抜かすほど驚いた。

失礼ながら喪主は本当に体が弱っている方だったので、
喋ってもヨボヨボなんじゃないかと俺は思っていた。
でも頭の方は(この言い方も失礼だけど)完全に年相応で、
体を壊して引退するまでは大学教授だったらしい。
マイクを通すと演説慣れ話慣れしていることがありありと分かる理路整然とした口調で故人の思い出を語っているのを聞いて、
自分の先入観が恥ずかしくなったし、精神や頭脳に関係なく体が衰えてしまうことがとても衝撃的だった。
【斎場でバイトをしていた時のこと。ある葬儀で、喪主の方はヨボヨボのおじいさんという印象だったのに、喪主挨拶で聞き取りやすい声で朗々と演説をしたことに腰を抜かすほど驚いた】の続きを読む

5 :おさかなくわえた名無しさん 2018/12/26(水) 08:12:07 ID:HU24J9my.net
つい先日、前の旦那がタヒ亡したことを知って、その通夜、葬儀へ参加しようとしたA子に皆で引いた。

A子は40歳近いのだが、前の旦那とは15年以上前に離婚していて、子供2人は双方1人ずつが引き取った。
その後、A子は再婚して子供が出来た。
前の旦那も割と直ぐに再婚していたし、別れた子供(長男)も成人している。
引き取った下の娘は兄の存在を知らない。

元旦那側の親族だって困惑するだろうし、第一に別れて10年以上疎遠だった息子に対して、今更「産みの母親です」と名乗るのか???
A子の両親も「もう他人なんだから相手家族に嫌な思いをさせるだけだ。絶対に何にも参加するな!」と忠告している。
【友人A子が15年以上前に分かれたA子元夫の葬儀へ参加しようとしてて引いた。A子とA子元夫は双子をそれぞれ引き取ったけど、子供たちはそれを知らないから困惑するだろうに】の続きを読む

254 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2017/07/15(土) 12:05:17 ID:Kp2jG6yQ.net
障/害者の熱中タヒのニュースで古い話だけど思い出したので書く。

一人息子が障/害児だったけど、それはもう二人で可愛がって育てていた
ご夫婦がいた。「全然大変じゃない。むしろ大人になっても赤ちゃん
みたいだから可愛い」などと仰っていて、幸せそうだった。
お二人は子供の将来のためにとすごく倹約してお金を遺し、自分達に
万が一のことがあったらということまで考えて万全の準備をしていた。
ところがそのお子さんが20歳を目前にして交通事故タヒ。お二人は
後を追うんじゃないかと心配して交替で付き添って見張らないと
行けないほど嘆き悲しんでいた。その葬儀の後、出棺を待つ間に
心ないことを言うアホ2人がいた。

「まあ、障/害児だったから楽になるよな」
「賠償金も入るし、ウハウハだろ」

殴ってやろうと思ったらすでに胸ぐら掴まれてた。
【一人息子が障/害児だったけど、それはもう可愛がって育てていたご夫婦がいた。ところがその子が20歳を目前にして交通事故により他界。その葬儀の後、心無い事を言うアホが現れた→】の続きを読む

このページのトップヘ