覚醒


638: 名無しさん@HOME 2010/01/04(月) 12:53:36 0
とりあえず、夕べ一晩思い出して書いてみた。
文章力ないので思いつくままに羅列してみる。

・嫁入り道具の多さでその家の格がきまるという地方(特定されたね)
サラリーマンで菓子職人の実父にはもちろん、
ウトメの満足するものはできない。
事務手続上で仕事を個人的に頼んだということで
お金を渡すから揃えろといってきた。もちろん断った。
その腹いせに私の揃えた嫁入り道具は式後に処分となった。

・夫は子供ができると自由がなくなるという理由で
一年間は避妊ときめていた。第一子は5か月で流産。大量出血で意識不明。
救急車を呼んだらしい。
「本当に妊娠してたのか?大袈裟だ」ウト
「たかが流産ぐらいで大騒ぎして近所に恥ずかしい」トメ
たぶん、事態をみて大トメが大コトメに頼んで呼んでくれたらしい。
夫は泣く自分に対して
「俺の目の前で泣くことだけはやめてくれ」
「今度は、第一子は四月生まれの男の子で産んでくれ」

医師に相談したところ、第一子の男女産み分けは
遺伝性の問題以外には認められないといわれたが
事情を話して(話す前に痛い家で有名なので知っていた)
水頭症予防の薬が副作用として女の子ができない薬というのが
あるので三か月処方してくれた。
計画出産の指導もしてくれた

みごと、四月に男児出産。
【【壮絶】第一子を流産して大量出血で救急搬送された私に、ウトメ「大袈裟」夫「俺の前で泣くな」「子供は四月生まれの男の子で頼む」→世間知らずで耐えた私。長い地獄の末…】の続きを読む

251 :名無しさん@HOME 2010/06/14(月) 23:38:40 0
結婚当初から姑とはうまくいってなかった。一方的に嫌われてた。
そのへんのフォローはしっかりできる人と信じてた夫は思いのほか頼りなかった。
「キツイ人ですまない。ほんと、お前が大人で助かってるよ」こんな感じ。
体のいい「お前が我慢すればいいから黙ってろ」だと気づくのに、結構時間がかかった。

それでも子供が欲しくて、妊娠したので、実家近くの病院を予約した。
義実家にも報告し、里帰り出産するつもりだと言った。
すると姑が「里帰りするならこっちで産みなさいよ。今年うち町内会の役員で、
ちょうど年末(※12月出産予定)に会議所の大掃除があるのよ。
あんなもん適当でいいだろうに、なんか寒い中丸一日かけるのよねー。
年明けには成人式の手伝いもあるし、今年は若い人がぜんぜんいなくって。
ほんとちょうど良かったわ。ね、うちでゆっくり産みなさいよ」と笑顔で言った。

あまりのことにボーゼンとしていたら、夫が机を思いっきり叩いた。
「ふざけるな!自分が何を言ってるのか分かってるのかよ!」と怒鳴った。
優しげなのと頼りないのがあやふやな夫、大きな怒鳴り声なんて初めて聞いた。
姑は本当に何が悪いのか分からなかったようで、驚いていた。
「妊婦が!臨月で!真冬に!そんな大仕事を!できるわけないだろうが!!」
「産後だってそうだ!なんのための里帰り出産だ!なんでそんな発想になれるんだ!!」

【【覚醒】姑には一方的に嫌われてて、夫の「お前が大人で助かるよ」って言葉は「我慢しろ」ってことだと理解するのに時間がかかった。しかし、ある日夫が姑の言葉にブチ切れて…】の続きを読む

59 :名無しさん@おーぷん 2014/12/15(月) 19:00:16 ID:UsS
旦那…DV男。のち元旦那
私…バカ。エネme乙だった
ぷりん…旦那の浮気相手。のち本気相手
友達…友達。いろいろスマンカッタ

旦那にDVされ、友達には「離婚しろ」と言われるもデモデモダッテだった
「でもあの人にはアタシしか居ないから~」とか。頭沸いてた
後に友達は「あんときのアンタ、切れた唇歪めて笑ってたよ。キモかった」と。スミマセン
今となってはお笑い草だが、本気で「アタシしか居ない」と思ってたんだ
だから浮気が発覚しても容認。「本気じゃないからアタシの元に戻ってくる」って
これも友達に相談して↑こう言って呆れられてた
そうしたらぷりん妊娠。それでも「アタシしk(以下略
しかし旦那が「アイツ(ぷりん)のもとに行ってやりたい。子供を抱いてやりたい」と言い、
「アタシだけじゃなかった」と遅すぎる覚醒をした
すでに友達は呆れきってて距離置かれてたというかむしろFO寸前だったがどうにか保留にしてもらい
友達にデモデモダッテ禁止を言い渡され、友達に言われるままに旦那・ぷりんに離婚・慰謝料請求
旦那大暴れ(全部録画録音。友達案)、病院に行き診断書を発行してもらい(友達案)
ぷりんには「子供を持てないのが悔しいんだ」と嘲られ(全部録音)
結果無事離婚。元旦那は晴れてぷりんと再婚。ぷりんからは嫌味たらしい結婚しましたハガキが送られてきた
ここまで付き合ってくれた友達ありがとう

その後旦那はぷりんにDV三昧。何故かぷりんは私に泣きついてくる
家にまで押しかけられ、さすがに「何で私に」と聞くと
「同じ男を愛した女同士もはや夫婦以上の絆がある。力を貸して欲しい」とな
しかも「●ちゃん(元旦那のこと)と○クン(旦那とぷりんの子)を交代で世話しましょう」と
すげぇ。私以上の馬鹿だ
【旦那にDVされ友達には「離婚しろ」と言われるもデモデモダッテだったが、プリンが妊娠してやっと覚醒した。友達『あんときのアンタ、切れた唇歪めて笑ってたよ。キモかった』】の続きを読む

このページのトップヘ