49:名無しさん@おーぷん 21/12/05(日)14:09:49 ID:Hj.nq.L1
半年ほど前から「なんか体が動かしにくいな」と感じていて、やたらコケるし気づいたら走れなくなってた
走ろうと思っても足が前に出ない
びっくりして3ヶ月前に病院いったけど、血液検査しても異常なし、脳や腰や足の神経は無事
でも足の稼働領域がめちゃくちゃ狭い
足を持ち上げる動作はまだましだけど、それでも太ももを90度以上に持ち上げられない
伸ばす方はもっとひどくて、普通の人と比べると歩幅が1/3
早歩きが他の人がのんびり歩いてるのと同じ速度
関節が固まってるとか筋力が弱いとかじゃなくて、脳で足を動かせないみたい
足を伸ばすという動作が自分でできてなくて、重力で自然と伸びて歩いてたみたい
【【未解決】半年ほど前から「なんか体が動かしにくいな」とは感じていて、やたらコケるし気づいたら走れなくなってたので驚いて病院へ。スレ「もしかしてALSだった?」→それが…】の続きを読む


1: 名無しさん@おーぷん 21/07/19(月)21:13:03 ID:Utg3
身長155体重40キロだったのが
48キロまで増えてクマ凄い髪も若干薄くなった腹出てる尻弛んでる忄生格は優しい
これもうオカンやろ…
【嫁、2年くらい前と別人過ぎて入れ替わり説あるんじゃね?ってくらい。もうオカンやん。これで子供まだなんだぞ?子供できたらさらにオカン化加速するかと思うと…→ちなみに年齢は】の続きを読む


170:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/2014/09/25(木) 13:51:15.69 ID:+tI9EqKW0.net
俺と兄の体験談。

去年の夏休みに帰省した時、
内装工事関係の仕事をしている兄の頼みで1週間程通いのバイトをすることになった。
現場は地元の某ランドのアトラクション。実物大の病院を再現したマップの広さが売りのお化け病院である。(多分どこかわかるとおもう)
なんでもリニューアルオープンに伴うマスコミ向けのプレ公開を間近に控え、改装作業の追い込みにかかっているらしい。

そんなわけでバイトを始めて数日が経過したある日のこと。
終業まであと小一時間というところで兄とあるうす暗い部屋のレイアウト変更に係っていた。
そのさなか不意に兄のスマホのバイブが鳴った。

スマホ「ブブー…ブブー…」
建屋が広く迷路みたいになっているせいか、
ちょっとした事で関係者から一日中よく着信が入る。
兄との作業中そんな光景は見慣れていた。
んで、後に続いてコール音が鳴ったのだが何かおかしい。

スマホ「ブブー…ブブー………ザ…ザ…ザザザザ……」

なんかノイズっぽい音が鳴り始めたと思った時、鳥肌ブワッとなった。

スマホ「………エハハハハハハハッ…エハハハハハハハッ…エハハハハハハハッ…エハハハハハハハッ……」

気色悪い高いトーンの女の笑い声が流れ始めた。
昔メリーさんとか花子さんの電話番号とかあったじゃん?
あんな感じの音声が一定の調子で流れたのよ。
当然ドッキリアプリか何かのイタズラだと思い兄をたしなめるが、兄がいつになく動揺している。

俺「その音気持ち悪いからやめろよ。面白くないからそう言うのー」
兄「…これやばいわ…本物きたわ…しらねーよこんな音…」
俺「は。オバケ?ありえねえ。とりあえず電話出てみようよ。」

ズボンのポケットからスマホを取り出し、
着信を確認すると元請け業者からの着信であった。
【兄とバイトの作業中、兄のスマホから「ブブー…ブブー…エハハハハハハハッ…」と女の笑い声。俺「やめろよそういうの~」兄「お俺何もしてないんだけど」俺「えっ?」→結果】の続きを読む


108:名無しさん@おーぷん2017/03/05(日)16:13:17 ID:zqf
相談失礼します。

嫁実家と嫁についての相談です。
嫁が何かと冷遇されている嫁実家に定期的に帰りたがります。
理由は嫁弟に会いに行くため。
嫁は免許を持っていないので、嫁実家に行く時は私の運転で、
子供(4歳、6歳)を連れて行くのですが、嫁両親は孫である子供を可愛がりません。
むしろ嫁に対しても子供に対しても「なんで来たの?」みたいな反応…
嫁弟はすごく子供達を可愛がってくれて、私に対してもすごく気さくで良い人なのですが…
先月帰った時も、嫁弟へのプレゼント(嫁が毎回買います)を嫁弟に渡していると
嫁両親(とくに嫁母)が
「お前(嫁のこと)にしては良いものを選んだね」など、
ちょっとあれ?って発言をしていました。
何度か、嫁弟へのプレゼントが良くないと嫁が怒られているので
仲裁に入ったこともありますが、余計なことをするなと嫁に怒られてしまいました。

正直、嫁には実家に行かせたくないです。
息子達は嫁弟に会いたいようですが…
嫁弟も来ない方がいい、プレゼントは要らないと嫁に何度も何度も言っており、
自分がこちらへ行くと言っているのですが、
嫁はそんなことしたら両親に怒られると泣いて嫌がります。
車を出さないと言うと半狂乱になって怒り狂います…
カウンセリングにも連れて行ったのですが、医者には問題無しと言われました。

嫁を納得させて嫁実家に行かせない方法はありませんか?
嫁は実家の件以外を抜くとすごくいい嫁であり母なので離婚は考えていません

【冷遇されている嫁実家に定期的に帰りたがる嫁。義両親に冷淡に扱われる嫁を見るのも気分が悪いので、止めさせたいんだけど嫁はどうしても嫁弟に会いたいらしくって…→その目的は?】の続きを読む


551: おさかなくわえた名無しさん 2019/06/09(日) 12:49:00.79 ID:jxX6R/jY.net
この子何がしたいの?って思った子と友やめ
中学の同級生なんだけど急に会おうって言ってきて
マルチか?と思ったけど、もしそうだったら帰ればいいやと思って会った
初回は普通だったんだけど
2回目に自分がいかに高スペックの男にモテるか自慢
私の話すると「え~私そういうスペックの知り合いいないからな~(プッ)」みたいな
おまけにずっと出会い系で高学歴な男漁ってたから
「あ、なんか忙しそうだから帰るね~」って言って帰ったら急に焦ってすり寄ってきた
え、何がしたかったの?って思ってそれ以降友やめ
最大級に謎なのは、私は世間では高学歴と言ってもらえる大学出身で
その子が1番好きな学校なんだよね
なんでわざわざ敵に回すんだろ
【中学の時の同級生が急に「会おう!」と言ってきたので、マルチか?と思いつつ会ってみたら普通だった→しかし2回目に会った時に、同級生「私ね~〇〇でね~」私「あ、帰るね」→結果】の続きを読む


294:本当にあった怖い名無し2018/02/15(木) 19:15:26.65 ID:B4meD5dw0.net
人生初の書き込みなので、スレ違い等だった場合申し訳ありません。
怖かったので聞いて下さい。

私の住む地域は山にでも行かない限りはあまり雪の積もらないところです。公園等でソリが滑れるくらい積もるのは7年に一度程度。
今回も例に漏れず、積もった所でうっすらといった所です。
元々霊道のいくつもある土地だそうで、幼い頃から変なものを度々見たりしていました。
故に多少の心構えはあったのですが、今回は少し勝手が違ったのです。

家は箱形の二階建てで、屋根にはアンテナのみ。雪の積もる物等何もないのですが、今年初めての雪の日。
それは起こりました。
私の部屋は二階。前述の通りもう上は屋根裏等もない鉄筋コンクリートの家。
その日の夜。そこに突然どさり、というかなりの重さを含んだ音が降って来たのです。
その時は「雪でも落ちたかな?」なんてのんきにしていましたが屋根には頼りないアンテナしかない上に、突き抜けて空しかない所です。それなりの重量の雪が積もる事等あり得ないのです。一瞬ぞっとしたものの、一日目はそこで終了。
二日目の夜。
一人で部屋にいると、ずるり、ずるりと重い物が屋根の上を移動するような音がします。
流石に怖くなってその日は数珠を巻き、盛り塩をして床に付きました。
三日目の夜。
コツコツ、コツコツと変な音が屋根から響いていました。
嫌な予感がしましたが、どうする事も出来ず就寝。
しかし、嫌な予感は見事に的中してしまいました。

長くなったので切ります。

【今年初めての雪の日の夜。突然どさり、というかなりの重さを含んだ音が降って来た。私(雪?いやでもそんなに降ってない…)→2日目。ずるり、ずるりと重い物が屋根を移動する音が…?】の続きを読む


451:おさかなくわえた名無しさん2018/03/16(金) 00:49:38.17ID:P0RZ4jh7
異常なほど薄味思考の叔母の神経がわからん。

私の叔母で物凄く薄味思考の叔母がいる。
とにかく薄味すぎて味がほぼしない。
記憶に一番残っているのはひじきの煮物。
他にも2~3品、味がしない和食の物食べたことあるけど、何だったかは忘れた。

なんでひじきだけ印象に残っているかというと、
味がしないひじきなんて食べれたものじゃない。
私がもらったものを鍋に移して、砂糖だの醤油だの調味料いれて味付けし直した。

なんでここまで薄味思考になったのか謎。叔母の薄味の和食食べたのは高校以降の話。
幼稚園や小学校の頃、
叔母の家に遊びに行った時にだされたキッシュとかミートローフは普通の味付けだった。
もしかしら和食だけって一時期は思った。

でも、叔母が家に遊びに来た時、ちょうどお昼ご飯の時間帯だったから、
パック寿司と一緒にコンビニで売ってるインスタントの味噌汁だした。
すると、他の親戚は普通に飲んでるのに、ボソッと「普段こんな味濃いの飲まない」と言ってた。
それ聞いて、「あー……。いつからか超薄味のものしか食ってないんだ」と思った。

健康のためにしてもやりすぎ。
叔母の旦那が高血圧で気をつけなきゃいけなくなったとかかもしれないけど極端すぎる。
叔母の旦那が気の毒になるレベル。
ほぼ味がしない物食べてても平気な叔母の神経がわからん。
【【疑問】叔母が異常なほどの薄味思考で、とにかく薄味すぎて味がしないものばかり作る。一番印象に残ってるのはひじきの煮物。味がしないひじき食べたことある?→それはね…】の続きを読む


670: 名無しさん@おーぷん 2016/05/31(火)16:03:42 ID:PUC

身内には誰にも話せないことだから書かせてください

身持ちの固い妹(当時大学生)に社会人の彼氏ができた
「結婚するまでは清い関係で」と言ってくれる男忄生で
実家の門限をきっちり守って妹を送り迎えしてくれるうえ
両親や姉(私)にまで手土産持参

盆暮れには仏壇にも供え物してくれる
有名学習塾に正社員勤務している講師で、教養も収入もばっちり

妹と付き合いたての頃に「付き合う以上は結婚を考えたい」と
実家に挨拶に来てくれた人なので、両親もそのつもりで
彼に会うたび毎回大歓迎
彼の実家もしっかりしたお家柄で、結納から披露宴まで
きっちり行ってくれたし、新婚夫婦に家を建ててくれた
(関係ないけど、結納の後に
「お姉さんよりも先に嫁がせてもいいのですか」
と私両親にこっそり言ってたのを聞いてしまった。
その配慮だけは、喪女の私へのダメージになったw)

それが約10年前のこと
妹夫婦には順調に1人+双子と計3人の男児が生まれ、
両家ともにほくほくしてたところに、突然の離婚
親戚一同ショックを受け、なんとか止めようとしたものの
本人たちの意思は固く、報告を受けたときには既に離婚済み
妹が三男、元妹夫が長男・次男の親権を取った
弁護士入れて財産分与から何から何まで文書作ってと
きっちりやって綺麗に別れた
【身持ちの固い妹がしっかりした男性と結婚して3人の男児に恵まれた→しかし10年後、突然の離婚。報告を受けた時点で何から何までキッチリしてすでに離婚済だった→その理由は…】の続きを読む


925: 名無しさん@おーぷん 20/02/11(火)15:25:14 ID:2T.yc.L1
子供と同じ保育園に、きょうだいの年の差にやたら噛み付く人がいる。
うちは小1、年中、0歳児クラスで子供3人なんだけど、上の二人が年齢差で言えば年子。
上が1歳9ヶ月で真ん中が産まれたんだけど、上が2月生まれだから2学年差になった。
上の子を連れてお迎えや行事にいくと、お姉ちゃん何歳?何年生?とかは
いろんな人に普通に聞かれるけど、その年の差ポリスには誕生日までセットで聞かれるから
変だなーとは思ってたんだ。

これが子供が1,2歳の頃なら数カ月で全然変わってくるから、
2歳差なのか1歳半差なのかって全然違うだろうけど、
うちの上二人なんて6歳と5歳よ?これが6歳と4歳だろうが、違いはないだろうに。
特に何を言われるわけじゃないからスルーしてたんだけど、この前なんかの話のついでに、
「でも○○さん、うまくやったよね。年子だってことバレないじゃん。
本当は1歳9ヶ月しか変わらないのに」と言われた。
年子を隠そうという発想自体なかったし、
年齢の差をはっきりした数字で覚えてたのもびっくりしたのでそう言ったら、
「でもいつもいくつ?って聞かれたら、小1と年中って学年で答えるじゃん
素直に6歳と5歳って言いなよ」と言われた。
それは正直完全に無意識だったけど、なんだかなぁと思って距離とってる。
そのポリスの子供は、3歳数カ月差(3学年差)で二人。
だから自分に年子の子供がいて誰かになにか言われてるとか、
一人っ子で欲しいけどできなくて複数子供がいる人に噛み付いてるとかではなく、
なんでそんなに年の差にうるさいのかは本当に不明。
私以外にも、1歳11ヶ月差だけど1学年差の子供達がいる人も「惜しかったね」と言ったり、
とにかく年子は恥ずかしいっていうのを当たり前のものとしてる感じ。
人には色々事情があるんだから、思ってても外に出しちゃいかんわ。

【保育園にやたらきょうだいの年の差に噛みつくママがいる。ママ「私さんうまくやったよね。本当は1歳9ヶ月差なのに」「年齢聞かれたらちゃんと6歳と5歳です、って答えなよ」←は?】の続きを読む


164: 名無しさんといつまでも一緒 2019/10/28(月) 13:33:40.30 0
別れた彼女からちょくちょく連絡くるようになった
あんなに彼女から喧嘩腰で別れたのに
元気?彼女出来た?とか恋してる?とか何がしたいのか
まさか復縁望んでるとかなんかな
誰か同じ体験の人いますか?


【【モヤモヤ】離婚までしたけど「遅いよ!」って喧嘩腰で別れた元彼女からちょくちょく連絡くるようになった。元彼女「元気?」「恋してる?」正直何がしたいんだろうか。復縁希望?】の続きを読む

このページのトップヘ