逆ギレ


836: 名無しさん@HOME 2016/11/11(金) 22:47:31.48
なんか下らない話だけど涙が止まらない 
自分でもどうしたいのかわかんないけど凄く誰かに聞いて欲しい 
旦那の意向で私の給与は全額貯金、生活費は旦那が全部出してくれる 
食費や雑費は買い物する日に一万づつ貰ってお釣とレシートを旦那に提出。 
化粧品はなくなり掛けたら言えばお金をくれる、 
服や下/着は言って旦那が買う必要があると認めてくれたら買うお金をくれる

私のお小遣いは仕事の合間の休憩に紙コップのコーヒーを買えるように3000円。
それで2年やってきて別に不満はなかった。

今年の夏から犬を飼いはじめて、散歩は私の役目。
ここ最近凄く寒くなってきて散歩の時、耳がジンジン痛んで辛かったから
あ、ニットの帽子が欲しいな、と思って、
私帽子被る習慣が無かったから一個も持ってなくて
先週「寒くて辛いからニットの帽子を買って欲しい。耳まで隠せる奴」ってお願いしたら
文字にするのは難しいけど、凄く吐き捨てるような嫌味な言い方で
目をまん丸に見開いて私のほっぺたを軽くペチペチしながら
「オシャレして夜道歩いて誰か誘ってるんですかぁ?」って言われた


いくら耳が千切れそうに痛い、寒いって言っても
「血行が悪いだけ」「まだ11月頭なのに大げさ」
「この時期そんな防寒必要ない」
で、また目をまん丸に見開いて私のほっぺたをペチペチしながら
「その長い髪は何のためにあるんですかあ?
坊主頭なら言い分もわかるけどアンタふわっふわの毛皮つきじゃないですかあ?」
って。


【私「耳が寒いからニット帽欲しい」夫「大袈裟!オシャレして夜道歩いて誰か誘ってるんですかぁ~(頬ペチペチ」私(えぇ…)→話が通じないので、毛糸を買って自分で帽子を編んだら…】の続きを読む


290: 名無しさん@おーぷん 19/07/08(月)07:19:13 ID:eu9.fn.7i
夫が実は種無しなんだって。

子供が出来なくてお互い病院で検査してもらった時私の方は問題無しで夫も「俺も正常だった、きっと子供が来てくれるタイミングを見計らってる最中なんだよ。」って言ってたけど、本当は「数はほぼゼロ、生きてる数少ないものも動きがとても悪い。」って言われてたんだって。
「いつかやってきてくれるであろう子供を夢見てる私ちゃんを見てるのが辛くなった。黙っていられなくなった、ごめん。」って突然のカミングアウト。
夫の事は大好き。一生を共にしていきたい人。
でも正直自分で自分の子供も産みたい。
夫は今後治療などをするつもりは全く無いらしい。
「私ちゃんが産むなら俺の子供を産んでほしい。
けど医者が言うにはそれはほぼ不可能。
精子バンクなんかは論外。考えたくも無い。
だから子供は諦めよう。」だそう。
わかる。夫の言ってる事もわかる。
私だって産むなら夫の子供が産みたい。
でも、「治療などをしたけどそれでも出来なかった。」ならば諦めもつけられるけど、何一つチャレンジもせずに自身の子供を諦めるって選択肢を選べないし選びたくない。
そう言ったら夫は静かに激おこ。
「人は経験しなくていいはずの辱めを受けなければいけないのか。君には夫の心に寄り添って支えようという気持ちはないのか。」と言ってどっかに出てった。
自分勝手な事を言ってるのはわかるし夫に対して相当酷な事を望んでるのも理解してる。
でもそう簡単に諦められるものでもないよね。
私って鬼みたいな事をしてる?


【【未解決】種無しという検査結果を黙っていた夫「だから子供諦めよう?ねっ」私「治療もしないで?それは…」夫「俺に辱めを受けろと言うのか?!」私「は?」←なぜそうなる?】の続きを読む


905: 可愛い奥様 2009/10/04(日) 11:10:31 ID:9Zn3EFr90
私の前の夫、暴言は頻繁でした。一度だけ暴/力を振るわれた事がありました 
頬をグーでなぐられました。口の中が切れて少しだけ血が出ました。 

「A(秘書)に言っておくから、荷物まとめてとっとと出て行け」と言い残して 
経営する会社へ出社しました。実家も頼れず専業主婦だった私は、すぐ 
さま彼に電話して許してもらえるようお願いしました。 

なぐられた直後には言えなかったのですが、数日後に「叩かれると痛いんだ
よ・・・」と言ったら「こっちだって手が痛いんだ」と言い、大学時代にボクシン
グをやっていた為「俺が本気でなぐったら顔がグチャグチャになる」とも・・・

その後、彼は癌になりました。切れば治ると思っていたようですが日に日に
弱っていきました。そんな彼を見つつ「神様はいる」と思った私は冷たいの
でしょうか。これは因果応報ではなくて自業自得ってやつでしょうか。


【ボクシング経験者の夫に殴られた。私「痛い」夫「俺だって手が痛い」「本気で殴ったら顔がグチャグチャになる」私(やろうと思えばもっとやれるって事?神様…)→しかし、その後】の続きを読む


832: 名無しさん@おーぷん 20/08/01(土)17:43:18 ID:0R.hu.L3

同じ社員寮に住んでる同僚が俺嫁を見かけるたびに「俺のタイプじゃないわー」と言う。
そう言われてもそいつの好みとかどーでもいいし
第一すでに俺と結婚してんだから関係ない。
だからいつも「ふーん、俺はタイプだわ」で流してた。


昨日もそのやりとりをしたんだが、なぜかそいつ、昨日に限って激怒。
俺の受け答えが気に入らないらしいんだが、
でもそいつが「タイプじゃないわー」と振ってこない限り
こっちも嫁の話題は出さないんだから、気に入らないなら振らなきゃいいのでは?
何をどうしてほしいのかさっぱりわからん。
誰か理解できる人、解説して。 


【同じ社員寮に住んでる同僚が、俺嫁を見かけるたびに「俺のタイプじゃないわー」どうでもいいので、俺は「ふーん、俺はタイプだわ」でスルー→そしたら昨日、同僚がキレたんだけど…】の続きを読む


519: 名無しの心子知らず 2013/12/26(木) 20:42:46.34 ID:uPJ/yVmf
マイ確執。長文です。
同居の義母が離乳食後期の時から、私が食事を作ってる時に子におやつを食べさせるようになった。

アイス(一歳半くらいから)やジュースを望むまま与えてしまう。
やめてほしいと言っても聞く耳もたず。夫から言ってもだめ。

子の方も義母に頼めば何でももらえるとわかっているので、義母にお願いしに行くようになった。


仕方がないので、子の方を教育することにした。


食事中、ジュースがほしいと言って義母の元に走っていき、まんまとジュースをゲット。 
ばあちゃんにジュースをもらいに行かない!と怒ったら娘が泣いた。

で、義母が逆ギレ。
娘にあげたジュースをとりあげて捨てた。
目の前で取り上げられたから娘はギャン泣き。
義母はそのまま外へ。
娘が追いかけていって、おんぶ紐に娘を乗せ寒空の中外へ。
そのまま一時間帰らず。 

で、翌日から食事の時は出て行くようになった。
どこかに出かけるのかと思ったら玄関の外に段ボールを敷いて座ってた。
外に出ないでジュースやら何かをあげなきゃ、子ももらいに行かないのに。
義母にはあげないという選択肢はないらしい。 

ちなみに、自分でお菓子を食べさせておいて食事を食べないと私に文句を言う。
もう、わけわからん。 

認知症とかなのかな。
更年期ってことはないと思うけど、たまに変な暴走の仕方をするんだよね。
【トメが食事中の娘にジュースを与えるのを止めないので、娘に「ばあちゃんからジュース貰わないの!」と叱ったら、逆ギレしたトメが家から出て行った→玄関の前に座り込んだトメが…】の続きを読む


1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/09(木) 21:33:41 ID:/iWa06uo0
こんな額払えません! 
なんとかチャラにできるよう皆さんの知恵を貸してください!


【私「彼の奥さんに慰謝料250万請求されてます!助けて!」スレ「え~知ってて付き合ってたんでしょ、払いなよ」私「いいから助けろよ!使えねえな!ブサイク!タヒね!」←?!】の続きを読む


684: 名無しの心子知らず 2012/01/18(水) 01:38:46.87 ID:lvarWuSx
35w長文愚痴スマソ
旦那が私の後輩と浮気してるのが発覚。

ここ2ヶ月位帰宅時間が毎日深夜1時前後だわ、
休みの土日はほぼ家居ないし、おかしいな
と思ってたらやっぱりだった

後輩と旦那は前々から仲は良かったんだけど、
そんな関係だとは思ってなかったから人間不信になりそう

こっちはいつ産まれてもおかしくない状態なのに
旦那には頼れないどころか、下手すりゃ
産まれた時にズコバコやってる可能性もあると思うと、
旦那にとってお腹の我が子と私の存在って何なんだろう…
こんな奴に父親面されたくないよ…

頭おかしくなりそうだ
赤を抱かせたくない

男的に嫁が妊娠中に浮気はデフォなんだろうけど、
正直キツイわ

だからってあんまり凹んでもお腹の赤に良くないだろうな…
情けない母親でごめんなさい、赤さん
デンと構えられる強靭な神経が欲しい

もう嫌だ


【【未解決】35週の妊婦なんだけど、夫が私の後輩と浮気してた。この時期の浮気って男にはデフォなの…?いや、うち夫がバカだよね…証拠は揃ってるのに夫は認めず逆ギレ。腹立つ!】の続きを読む


64: おさかなくわえた名無しさん 2019/11/24(日) 20:04:04.77 ID:g6Qf/hYx
もう離婚した元夫の話
年収ほぼ同じの夫婦共働きで子供はなし、料理は私が作る
料理好きだし別にそれは良かったんだけど、食べてる時に夫がため息ついたり、機嫌が悪くなるのが嫌だった
理由をきいても
「いや…お前だって働いてるんだし、これくらいはいいよ」
って言うだけ
はっきり言ってほしいと訴えても、上記の返事と同じようなことしか言わない
ある日元夫がとうとう「味が薄すぎる」と激怒
とはいえ私はレシピでみた分量通りに作っていたものばかりだからそんなに味が薄いとは思わない
結局双方の両親や兄弟夫婦を巻き込んで、元夫が味覚がおかしいので病院に連れて行こうと満場一致
そこで病院に行って克服してくれようとしたなら私達夫婦は続いたかもしれない
しかし元夫は
「薄い味ばかり食わせるから舌がおかしくなっただけ。お前(私)が悪い」
と喚いて、会社にもそう吹聴して揉めに揉めたから別れた
普段から社食でもソースや醤油を瓶半分以上使ってて、会社の人にも味覚障害なのバレバレなのに未だに上記の事を喚いて病院に行かないらしい
【レシピ通りの私の料理に「味が薄い!」と激怒した夫。双方実家と「味覚がおかしい。病院に行こう」という結論になったが、夫「薄味ばかり食わせるお前が悪い!」と離婚に→その結果】の続きを読む

124 :名無しさん@おーぷん 2019/12/05(木) 00:16:34 ID:iq.md.L3
今年新卒で入ったんだけど、忘年会しんどい。
別に嫌とか酒飲めないとかじゃない。
超酒乱で暴力癖あるの。
ちなみに父親もそうで幼少期離婚してる。
母親はつらいよね?
在学中のアルバイトで呼ばれて飲んだら、翌日夕方に目が覚めて利き手が痛いな?って思いながらライン見たら飲んで暴れて、モラハラ気味で苦手だった店長をビール瓶で殴って、タコ殴りにして頭にたんこぶ、肋骨と腕にヒビ入れてしまったらしい。
昼頃一人で帰ってきて、無言で帰宅してきて部屋に行き夕方まで寝てたらしい。もちろん記憶ない。
でも画像も動画もバッチリあるし、事実上クビ。
母にみせたら酒乱で暴れた時の父と同じ目(つり上がって焦点あってない)なんだって。
それ以来酒飲んでない。飲んだらダメな人。

ちょっと仲のいい職場の人に「ガタイのいい男子多いから大丈夫だよ~」と流されてしまった。
いやその時の店長、私より身長20センチも高いがっちり系だったんだけど…
聞いた話だけど五人ぐらいに押さえられて、その手に噛み付いたり、暴言はもちろん、飛び蹴り、ツバ吐いて悪態ついたり、ゲロ撒き散らして挙句皆の前で排便しようとしたらしい。
飲み会の店に謝罪しに行ったら「貴方は飲酒はしてはいけないタイプだと思います」と菓子折り拒否されて、帰り際振り向いたら塩巻かれたレベルなんだけど。
行かなきゃだめなんだろうか?
【新卒で入った会社で忘年会があるんだけど、父親譲りの超酒乱だから断りたい。昔暴れた事あるし…飲まなきゃだめかなぁ、あーあ。スレ「そんなに飲みたいの?」私「あぁ?」→結論は…】の続きを読む

819 :おさかなくわえた名無しさん 2019/12/03(火) 12:29:11
私の母親は毒親と呼ぶほどではないが少し変わってて、私が中学にあがったくらいから折り合いが悪くなってきてた
大学生のころ、帰りの電車に乗っていたら母親から電話がかかってきた
電車内だったので一度着信を切ったのだが何度もしつこいので出てしまった
「(私)…なんでこんなことするのよ…あとで詳しく話きくから」と突然言われ、身に覚えのない私がなんのことかきいても「自分が一番よくわかってるんじゃないの?」と

ほんとによくわからないまま帰宅したが、どうやら母親の財布からお札が度々抜かれてて、それは間違いなく私の仕業だと確信したらしい
本当に私ではないし、むしろお金に困ってるわけでもなければ、人様の財布に勝手に触りお金を抜くなんてしたことないししようとも思わない
そのことを伝えても「正直にいいなさいよ」と声を荒げて怒鳴られ怒られてる
それから母親からは冷たい目で見られ、弟からも「うわー泥棒かよー」「泥棒は家からでてけ」と言われるようになった

数週間後、仕事から戻ってきた母親がハイテンションで「ちょっときいて!わかったの!職場の人に話したらね、他の人もお金とられてたみたいで、きっと◯◯さんよ!◯◯さんに間違いないわ!」って言われたけど謝罪の言葉は一切なし
私が傷ついたのに、と謝罪がないことを指摘すると「悪かったわね!」で終わった

何日たっても忘れられなくて、なんかのテレビ番組で毒親を取り上げられてるのを家族で見てるときに「私、あの時のこと未だに悲しく感じてる。悪いけどお母さんのこともう信用できないかも」と言ってしまった
すると「なによ!!あのとき謝ったじゃない!!!」と逆切れされて、もうこの話をするのはよそう、自分が悲しくなる、と思った
【母親の財布から度々お札が抜かれた事があったらしく、私を疑った母親に「正直に言いなさいよ!」と怒鳴られた→後日、母「犯人がわかったの!」私「はあ?じゃあ私に謝って」→結果】の続きを読む

このページのトップヘ