関係

1 :名無しさん@おーぷん 2019/10/04(金) 23:02:08 ID:VKT
めちゃめちゃショックだったけど週末に友達と飲みに行くの楽しすぎて草だわ
【【楽天的な人】33歳で13年付き合った1歳年下の彼女に振られた結果wwwwwwwwwwww→】の続きを読む

221 :名無しさん@HOME 2019/08/02(金) 00:37:00 0.net
夫と愛人と自分の3人で楽しく家庭生活を送り、愛人さんが妊娠したので一時的に離婚して夫と愛人が結婚、その後離婚してまた私と再婚、家族が増えて4人で楽しく暮らしている、と世間的におかしなことをしていることが義両親にバレて修羅場。

1日目、私義両親に土下座して謝られる。夫義父に殴られる。愛人母子は隠しておいた。
2日目、私が望んでお膳立てした事を白状して責められる。義母にビンタされた。夫また義父に殴られる。愛人さん飛び出してきて義両親に土下座。
3日目、朝からお説教。夫婦して会社休ませられる。途中隙を見て愛人さんとチビを避難させる。



愛人を追い出してチビだけ引き取るか、義両親と絶縁か!と突きつけられたので、残念だけど絶縁で、と夫婦で答えたらまた殴られた。

おかしいのは分かってるけど、3人ともお互いが大事だし、チビも大切、楽しく幸せに暮らしてたんだよ。
せめて愛人と夫で結婚し直してチビを育てて私さんは出て行く、が選択肢にあれば私も少しは悩んだのに、彼女を追い出す1択ってんじゃそれは無理。
チビのママは1人なんだから。
それを言ったら、「私さんが離婚してしまったら2人の会社や私たちはどうなると思ってるの?!」って、資産持ちの嫁は手放さないけど孫は欲しい、と言う話。
チビの情操教育に、とかの切り口で攻めてくれば未だ葛藤のある課題だからグッときたけど、自分たちの老後資金の心配が優先されてるお説教でうんざり。

選べと言ったくせに絶縁でって回答したのにまだ毎日電話か凸が来る。
【【複雑な関係】夫と愛人と自分の3人で楽しく家庭生活を送り、愛人さんが子供を産んで、今は家族4人で楽しく暮らしてた→義両親にバレて修羅場になってウンザリしてる】の続きを読む

183 :岡 ◆ckPTMaYcu/a8 2015/04/09(木) 13:01:33 .net
携帯からですみません。読みにくいかもしれません。

【相談用テンプレ】
・相談者の年齢職業 55歳、会社員、遠方に単身赴任中
・嫁の年齢職業 56歳、主婦
・婚姻期間 30年
・子供の人数、年齢 娘2人、25歳と30歳
・わかってるなら間男の年齢職業 63歳 会社員、機械の営業をしている
・過去の不倫の有無(夫婦共に) ない
・現時点で決別か再構築か方針は決まってるか 再構築
・その他、経緯と状況説明

義父のことで、妻の携帯に病院から電話があり、
妻がその場にいなかったため代理で私が出た。
通話が終わって画面をみると、Cメールの表示が何件かあったので
何の気なしに開くと間男からのメールだった。
内容は「おはようハートマーク 愛してるよハートマーク」のようなメールだった。
妻を問い詰め、間男を呼び出し面談した。
月に1回ランチをするだけの関係だで、肉体関係はないと主張。
単身赴任先に戻る日だったため、あまり追及せずに間男の名刺をもらい終了。
次に家に戻れるのは4月18日、19日なのでそこまでに作戦を練りたい。

以上です。
よろしくお願いします。
【妻の携帯に病院から電話があり代理ででた→通話が終わってから表示されてたCメールを何気なく開いたら間男からのメールがありました。間男に会う時の作戦にアドバイスをお願いします】の続きを読む

261 :名無しさん@HOME 2019/05/13(月) 10:07:07 0.net
夫の友達関係に口を出すのって一般的にはNGだと思いますが
この前夫の友人が奥さんに対して新聞に載るほどのDVをしました
その友人とは縁を切ってほしいのですがこれって私が神経質なんでしょうか?
友人関係切るとかは考えてなかったようで、そんな夫に対しても引くというか怖くなってしまいました
【夫の友人が奥さんに対して新聞に載るほどのDVをしました。夫は友人関係切るとかは考えてなかったようですが、私としては縁を切ってほしいです。これって私が神経質なんでしょうか?】の続きを読む

1 :min ◆bWHYWnZ5pw 2016/09/25(日) 09:05:39 0.net
勝手に書くので聞いてください。

私 28歳 社員
既彼 30 社員
奥さん 30 現在専業主婦
子   8カ月

1カ月に精神不安定なまま地雷してしまいました。
奥さんの携帯に電話しました。
【既婚者の上司と体の関係になってしまった。上司「真剣に〇〇さんのことを考えている」私「離婚できますか?」上司「両親がそれを許さないから無理」】の続きを読む

このページのトップヘ