PTSD


6: 2018/11/13(火) 00:33:53.02 ID:HRpnOTu40
今朝愛犬が避妊手術の予定で、私は仕事だったので、嫁が病院に連れて行った。 
出る前から嫁は心配で泣きっぱなしで、当の犬が嫁をなぐさめてた。 
無事に手術が終わったらしく、面会に行った嫁は「犬ちゃんグッタリしてた。私の顔見ても尻尾を少し動かしただけだった。 
顔も涙でグシャグシャで、私なんて酷い事したんやろ…」とトイレで吐きながら泣いてた。 
「大丈夫、大丈夫。これをしなかったら子宮の病気になってたかもしれないでしょ」って言いながら嫁をなだめて寝かしつけた。 
次の日犬はピンピンして帰ってきたけど、嫁の方が「犬ちゃんがいなくなるのが怖い…」とPTSDみたいになってる。
【【えぇ…】愛犬を避妊手術に連れて行って帰ってきた嫁「私なんて酷い事したんやろ…」と、顔を涙でグショグショにしてトイレで吐きながら泣いていた→その後、退院した犬に…】の続きを読む

833 :可愛い奥様@\(^o^)/ 2016/03/14(月) 20:25:28 ID:zdhlbQFO0.net
近所に小学生の女の子にわいせつな行為をした70代の男がいて、その子がPTSDを発症して心療内科に通院して両親も悩んで大変だったんだけど、その男は逮捕もされることなくいたんだけど、
その男の初孫が生まれると、片目がお岩さんのように赤く腫れあがった赤いアザのようなのが片目にできた男の子が生まれた。
他にも、その男の次女が帰宅途中、知らない男に後を付けられたり、次女は精神が不安定で50歳近くなっても結婚ができなくて今だに独身。
そして、他にも、その男の自宅が日中、外国人の窃盗団に泥棒に入られ、金品やパソコンを盗まれ、娘の下着が部屋中に散乱していて警察に「娘さん、留守で良かったですねー」と言われたそうです。

「うちは呪われている」って、初孫を産んだ長女が言っている。
【近所の女子小学生にわいせつな行為をした70代の男がいたのだが、逮捕されなかった。←その後、その男の子供や孫に不幸が続き・・・】の続きを読む

このページのトップヘ